NEW PUBLICATION

  1. 5つの異なるベンゼン環をもつピリジンをつくる

  2. 配位子でシクロプロパンの結合開裂付加反応を制御する

  3. エステルからの脱カルボニル型エーテル合成

    パラジウムもしくはニッケル触媒を用いたエステルからの脱カルボニル型エーテル合成を世界で初めて発見

  4. 生物活性を有するACPAの合成

    生物活性を有するACPAの合成に焦点を当てて、それらをを構築する反応と合成法を紹介

  5. すべてアリール化された芳香族分子の合成法

    全てアリール化された芳香族分子、なかでも2つ以上異なるアリール基をもつ化合物に焦点を絞り、その合成法を紹介

  6. 芳香環を直接繋ぐ方法で(生物活性)分子を合成する

    私達の開発した遷移金属触媒を用いたC-Hアリール化反応と(生物活性)分子への応用

  7. 芳香族エステルを芳香族アルキンに変える

    Pd/Cu触媒による芳香族エステルの脱カルボニルを伴う末端アルキンとのアルキニル化反応を見出した

  8. パラジウムで脱エステル型カップリング

    パラジウム触媒を用いた初めてのフェニル 2-アジンカルボキシレートとアリールボロン酸との脱カルボニル型カップリング反応を開発した

  9. LSD1選択的阻害剤をC-H活性化反応でつくる

    C-H活性化反応を駆使してLSD1阻害活性を有するACPA類を迅速合成し活性評価を行いました

Special

2016-09-26_23-46-45 2016-09-26_23-51-06 2016-10-01_23-46-23

山口研instagram

Links

ページ上部へ戻る