NEW PUBLICATION

  1. Synthesis of fully arylated (hetero)arenes by Coupling Reaction

    近年精力的に開発が進められたC–H結合直接アリール化反応を含めた,クロスカップリング法を用いた全アリール置換(ヘテロ)芳香族化合物の合成に焦点を当て,芳香環の種類別にその最新合成法を詳しく述べる。

  2. Decarbonylative C–P bond formation

    ニッケル触媒による芳香族エステルとリン求核剤との脱カルボニル型炭素−リン結合形成反応を開発した

  3. Catalytic α-Arylation of Ketones with Heteroaromatic Esters

    ヘテロ芳香環をもつフェニルエステルをアリール化剤とした、ケトンのPd触媒を用いたα-アリール化反応を開発した

  4. Yamatano Orochi: Octaaryl Naphthalenes and Anthracenes

    A synthesis of multiply arylated naphthalenes and anthracenes with eight different substituents has been accomplished.

  5. Cross-coupling of aromatic esters and amides

    芳香族エステルとアミドを"脱離基"としたカップリング反応

  6. Synthesis of Multiply Arylated Pyridines

    カップリング・環変換反応を応用した、新たなマルチアリールピリジンの合成法を開発した

  7. Rh-Catalyzed Regiodivergent Hydrosilylation of Acyl aminocyclopropanes Controlled by Monophosphine Ligands

    アミノシクロプロパンの直截的なヒドロシリル化反応を見出した

  8. Decarbonylative Diaryl Ether Synthesis by Pd and Ni Catalysis

    パラジウムもしくはニッケル触媒を用いたエステルからの脱カルボニル型エーテル合成を世界で初めて発見

  9. Syntheses of Biologically Active ACPAs

    This review focuses on the synthesis of biologically active ACPAs and categorizes synthetic methods used toward such compounds by reaction type

(日本語) Special

(日本語) 2016-09-26_23-46-45 2016-09-26_23-51-062016-10-01_23-46-23
dcypt

(日本語) 山口研instagram

Links

Return Top