NEW PUBLICATION

  1. Decarbonylative Reductive Coupling of Aromatic Esters by Nickel and Palladium Catalyst

    ニッケルやパラジウム触媒と亜鉛還元剤存在下、芳香族エステルの還元的脱カルボニル型ホモカップリングが進行しビアリール化合物が得られることを見いだした。

  2. Catalytic reductive ring opening of epoxides enabled by zirconocene and photoredox catalysis

    ジルコノセン/可視光レドックス触媒を利用したエポキシドの開環反応を開発した。

  3. Ring-Opening Fluorination of Isoxazoles

    5-アリールイソオキサゾール類にフッ素化剤としてSelectfluor®を加え80 °Cで24時間攪拌することで、α-フッ化カルボニル化合物が得られることを見いだした。

  4. Ring-Opening Fluorination of Bicyclic Azaarenes

    ピラゾロ[1,5-a]ピリジンをはじめとする二環式アザアレーンの開環型フッ素化を開発した。

  5. (日本語) フッ素化反応2010-2020

    直近10年間の間に報告されたモノフルオロ化反応に焦点を当て,生成物のC–F結合の種類別に各々反応形式と触媒について詳しく述べる。

  6. Convergent Azaspirocyclization of Bromoarenes with N-Tosylhydrazones by a Palladium Catalyst

    芳香族化合物に炭素官能基を導入しつつスピロ環化合物へ変換する

  7. Ni-Catalyzed Aryl Sulfide Synthesis through an Aryl Exchange Reaction

    独自の金属触媒でスルフィド類の芳香環を付け替える

  8. Development of Pd-Catalyzed Denitrative Couplings

  9. Synthesis of Decaarylanthracene with Nine Different Substituents

(日本語) Special

(日本語) 2016-09-26_23-46-45 2016-09-26_23-51-062016-10-01_23-46-23
dcypt


(日本語) Links

Return Top