ブログ

山口研のプチ同窓会

Today:2views / Total:738views Written by:

こんにちは。最近、少し痩せたのにも関わらず体型が元に戻らず困っているD1の宮﨑です。

先日、山口研のプチ同窓会が開催されました!

今回の同窓会は1期生であり、現在北海道大学伊藤肇研究室の特任助教である一色さんが企画してくださいました。このような素敵な会を企画してくださり、ありがとうございます。

北海道から福岡に至るまで、全国各地からお盆の帰省のタイミングに合わせて全部で11名のOBOGの方々が遊びにきてくれました。

あと、写真には残りませんでしたが、4期生の武者さんがコオロギを使ったお菓子をお土産に持ってきてくれました。食べてみるとコオロギを感じることはなく、普通に美味しかったです。また、大阪から来てくださった2期生のあみさん、とびさんからもお土産を頂きました、ありがとうございます!

1次会はこれまでに何度か飲み会でお世話になっている神楽酒 神楽坂店にて開催されました。
久しぶりに訪れた神楽酒で懐かしい顔ぶれを目にすることができ、とても嬉しい気持ちになりました。
ちなみに現在D1である僕たちの代は5期生に当たります。僕らが学部4年となり、研究室に配属されたタイミングで新型コロナウイルスの流行が始まったため、先輩方との飲み会での交流はあまり多くありませんでした。自粛を余儀なくされていた飲み会がほぼ解禁されたといっていい今、コロナを気にせずに先輩方と飲むことができるのは新鮮な感覚でした。
ビュッフェ形式だったため、はじめについた席でしばらくお話しした後は各々が移動して交流しました。
卒業された先輩方の仕事の話や身の上話、研究室在籍時の研究の話など、とても興味深かったです。

個人的な話になりますが、修士課程終了後に就職し、ラボ生活が被っていない2期生の先輩方とも楽しくお話しすることができました。研究室配属前(学部3年)のラボトリップとコロナ禍直前の数回の飲み会で顔を合わせたことはありましたが、実はちゃんとお話しできたのは初めてでした。
また、この間出した僕の論文を先輩が面白かったよといってくださり、とても嬉しかったのを覚えています。

神楽酒を出た後はラボの居室に戻って2次会スタートです。
2次会では3期生の須藤さんと5期生の上部くんが飛び入りで参加してくれました。
ラボの居室飲みでは恒例の光るショットグラスで乾杯をし、そこから夜通し大盛り上がりでした。
2次会の終盤、寝てしまう現役の学生が出てくる中、OBOGの先輩方はほぼ全員が元気でした。
幾多の飲み会を経験してきたOBOGの先輩方はやはりパワフルでした。僕たちも負けていられません。

結局電車の始発が動き始めた頃に解散となりました。僕自身もこの時間まで起きていたのは久しぶりです。懐かしの先輩方とたくさんお話しすることができ、とても懐かしい気持ちになるとともに、元気を分け与えていただいたような気がします。

わざわざお集まり頂いた先輩方にこの場を借りて感謝申し上げます。
今回来ることのできなかった方々もまたこのような会でお会いできたら嬉しいです。

The following two tabs change content below.
味覚と嗅覚が成長した忍者

最新記事 by 宮崎龍也 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る