松下薫博士

博士論文

パラジウム触媒による芳香族エステルの脱カルボニル型C–Hアリール化反応とエステルダンス反応

Decarbonylative C–H Arylation and Ester Dance Reaction of Aromatic Esters by Palladium Catalysis

研究業績

98. Pd‐Catalyzed Decarbonylative C‐H Coupling of Azoles and Aromatic Esters

Matsushita, K.; Takise, R.; Hisada, T.; Suzuki, S.; Isshiki, R.; Itami, K.; Muto, K.; Yamaguchi, J.
Chem Asian. J. 2018, 13, 2393-2396.
DOI 10.1002/asia.201800478
Highlights Invitation to Contribute to a Special Issue: Homogeneous Catalysis from Young Investigators in Asia
Detail パラジウム触媒を用いた芳香族エステルの脱カルボニル型C–Hカップリング

120. Ester Dance Reaction on the Aromatic Ring

Matsushita, K.; Takise, R.; Muto, K.; Yamaguchi, J.
Sci. Adv. 2020, 6, eaba7614.
DOI 10.1126/sciadv.aba7614
ChemRxiv. 2019, preprint
DOI 10.26434/chemrxiv.11472264.v1
Highlights Highlighted in C&EN, Chemical Daily, Azo Materials

コメント

松下博士は第一三共からの社会人博士として当研究室に参入。はじめは有機金属反応の開発になれず苦労したが、パラジウム触媒をもちいた芳香族エステルの脱カルボニル型C–Hアリール化反応を発見、既存のニッケル触媒ではない利点を見出した。その後は、ユニークなエステルダンス反応の開発に尽力し、出版まで時間を要したものの、研究室の代表作の1つとなった。

ページ上部へ戻る