ブログ

手術しました!

Today:7views / Total:958views Written by:

入院入院生活と続いて、手術編です。世の中では化学系の大学院生の研究生活並みにマイノリティな案件だと思うので、せっかくなので書きます。

前日

すでに検査もほとんど終わっているので、特になし。あ、お腹の毛を全部剃りました。剃毛といったやつです。電気カミソリでさっさとやってくれます。あとはおへそのゴマもとってもらいました。おへその中なんて記憶にある限りあんまり触ったこと無いので、この機会にとってもきれいにしてもらえてよかったです。

前日夜9:00から絶食なので(そもそもほとんど食べれないが)お腹が減ってたまらないので、早めに就寝。

当日ー手術まで

当日は朝9:00から飲み物も飲めず。手術は13:20〜と意外とまだ時間があった。手術後はエコノミー症候群のような症状になりやすいので、ストッキングをはくそうだ。ストッキングといっていたので、ほんとうにストッキングを履くかと思いきや、白いきつい靴下。

変なストッキング

 

13:15ごろ看護士に連れられて3回の手術室へ。マジックテープで剥がれる上着に着替え、下着も含めて全部脱ぎ、変な布をまかれる。手術中のトイレが気になったので(管をいれるので大丈夫といわれた)、最後のトイレへ。

本人確認をして、徒歩で手術室へ。手術台があり、そこに寝るように促される。寝ると、いろいろとセットされて、酸素マスクがつけられた。これが麻酔かーと思い聞いてみると、酸素だけらしい。麻酔は点滴で入れていたらしく、「麻酔をいま点滴しましたよ!」と聞こえました。

「看護士の○○です!よろしくおねがいします!」「今日はがんばってくださいね」

などと話していると、急に苦しくなり、

「ぐぇぐはがはっ!!!!」

とむせる。なにか喉から抜かれたようだ。

「大丈夫ですか??」という声が聞こえた。

どういうことかといえば、なんと苦しくなった時点でもう手術は終了していたのでした

いやーこれはこのまま死んでも全くわからないなというレベル。ゆっくり眠る感じなのかなと思ったら、全く記憶がございません状態でした。しばらくするとお腹が痛くなる。

「お腹が痛いので痛み止めをお願いします。。。」

というと、(たまたま)態度の悪い看護士だったのか聞いてくれない。他の看護士にいったらすぐに点滴してくれた。はじめの点滴では聞かなかったのだが、もう一本別の鎮痛剤を点滴するとようやく痛みがなくなる。酸素マスクが苦しい。とってはだめか聞くと、3時間はそのままでいてくださいとのこと。というわけで手術終了。

手術直後

手術からー退院まで

医師いわく、どうやら胆嚢が通常の2倍ぐらいあったようで、取り出す際にでなくてお腹中をかなり切ったので、すぐに鎮痛剤を点滴するように指示していたそうだ。どうりで痛いわけだ。たまに数少ないが持論をかますクソみたいな看護士がいるので、そういうときは相手にしないで、別の看護士に同じことをお願いした方がいい。痛いものは痛い。痛いのを抑えるのは薬だ。気合とかいらない。

両足全体に血圧計(圧迫と開放を繰り返すもの)のようなものがついていて、血が空気に触れたので、血栓ができやすくそれを防ぐためのものなのらしいが、つねにもんでくれているので、全然ねれない。夜中3時頃、我慢していた尿意が襲ってきた。しぶしぶ看護士を呼んで、尿瓶をセットしてもらった。その時気づいたのだが下は完全に全裸状態だった。そして、よくみるとお腹のよこにビニール袋がくっついていた。患部の付近の炎症からでてきた血液や体液をそとに出すため、穴をあけて管を通して外に出しているらしい。途中で満タンになって2回ほど交換してもらった。

され。寝ている状態で、尿が全部出切ることもなく、30分ごとにさらに2回。寝ている状態でするのって大変。ともすると、朝方ようやく生命維持装置みたいなものと、足の血圧計も外してもらい睡魔が。

朝、検査とチェックで起こされた後、レントゲンをとりに下階へ。ここではじめて自分で立つ。点滴台によりかからないと立てませんでした。お腹を切る(内視鏡手術だけど)ってこんな感じなのね。

お昼、待望の1週間ぶりのご飯。おかゆときいてげんなりしていたが、白米が全粥になっていただけでちゃんとおかずもあった(トップ写真)。

「うまい!」

食べ物を食べれる喜びを知りました。これが最初で最後で、それ以後の病院食おいしくはなかった。

翌日に点滴も抜いてもらい、その翌日にお腹の袋をとってももらい晴れて自由の身に。手術から驚異的な回復をみせる。人間てすごいなと思う。そして退院へ。大変お世話になりました。

体には気をつけよう

と、10日以上の入院と意外に時間を使ってしまったのだが、リフレッシュできたかというと特に手術後は全然できませんでした。リフレッシュするならばリゾートにいって海辺に寝ていたほうがよい。常に気になるし、ときどき痛いし、炎症があるからずっと微熱だしであまり仕事も進まずという感じ。

ちなみに、元凶である胆石おみやげにもらいました。グロイので写真はのせませんが、チョコボールぐらいの大きさのものが3つ。肥大した胆嚢も写真でもらいました。ごん太明太子様でこんなの体の中からなくなってもいいんだ。という感想。

いまでも鎮痛剤は飲んでいますが、急激な運動と過度のお酒はしばしご法度なものの、大変元気になりました。以上、あまりできない体験談でした。皆様も健康にはお気をつけて。

The following two tabs change content below.
山口 潤一郎

山口 潤一郎

教授早稲田大学
趣味はラーメン、マラソン、ダイビング、ウェブサイト運営など。化学の「面白さ」と「可能性」を伝えるために、今後の「可能性」のある学生達に,難解な話でも最後には笑って、「化学って面白いよね!」といえる研究者を目指している。.化学ポータルサイトChem-Station代表兼任。
山口 潤一郎

最新記事 by 山口 潤一郎 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 6 15日
    トラックバック:入院生活 | 山口潤一郎研究室

最近の記事

Special

2016-09-26_23-46-45 2016-09-26_23-51-062016-10-01_23-46-23
dcypt

Links

ページ上部へ戻る