ブログ

スタバ愛をぶつける旅

Today:1views / Total:340views Written by:

6月23日にスターバックスからとんでもない発表がありました。

47 JIMOTO Frappuccino

47都道府県ごとのフラペチーノ

なんと各都道府県限定で47種類の新作フラペチーノが登場しました。どうやら日本上陸25周年を記念してだそうです。

宮城のずんだ抹茶フラペチーノ、山口のごまっちゃフラペチーノ、長崎のカステラフラペチーノなどなどどれもおいしそ~~

がしかし、なんとこのフラペチーノ1ヶ月限定商品(2021/6/30~8/3)でした。

神は死んだ。コロナが落ち着いた時旅行先で飲むという夢が消え去った。

しかし、できる限り飲みにいきたい。。!!ということでスタバ愛をこじらせた私とむーさん(武者さん)が1日でできる限り飲みに行くという弾丸ツアーを決行することにしました。

1日で行きやすそうで近場な1都3県(東京、千葉、埼玉、神奈川)をターゲットに選定。

ルート

さて、ではどうやって回るか。スタートは我らが高田馬場駅を選定。考案したルートは。。。

高田馬場:東京限定を飲む

→(東西線で40分)

西船橋:千葉限定を飲む

→(武蔵野線&京浜東北線で1時間)

浦和:埼玉限定を飲む

→(東海道線直通上野東京ラインで45分)

川崎:神奈川限定を飲む

です!!アクセスの良さや、駅間の短さはもちろん、駅近にスタバがあるかもかなりキーポイントになりました。思ったよりも早く終わりそう??

当日

10:30に高田馬場に集まりました。いざ行かん!!

東京 オリジンコーヒージェリーキャラメルフラペチーノ

西武高田馬場店で頂きました。

実は私、苦いコーヒーが得意ではないので、コーヒーゼリーの入ったフラペチーノは避けてきた人間でした。しかし、これからコーヒーゼリーを抜いたら、ただのキャラメルフラペチーノになってしまう。そこで初めて挑戦しました。フラペチーノ自体が甘いためよく混ぜればコーヒー牛乳キャラメルソース追加って感じの味になり美味しく飲めました(コーヒー牛乳やカフェオレは好き)。無難に美味しい一杯。公式の紹介文はこちらから

千葉 なごみみたらしコーヒークリームフラペチーノ

続いては、西船橋メトロピア店。

めっちゃみたらし!しょっぱ甘い。そしてみたらしの奥にほんのり香るコーヒー!美味しすぎる!!全て飲んだ後、2人の講評で圧倒的優勝だった一杯です🏆公式の紹介文はこちらから

埼玉 多彩玉ストロベリー&シトラスフラペチーノ

3杯目は、浦和パルコ店。

フルーツ系だからさっぱり。ちょっと胃が苦しくなり始めたので三杯目でよかった!シトラスの中に苺が横切る感じでした。フルーツ系は安定の美味しさ。(三杯目、めっちゃ飲むペース落ちました笑)公式の紹介文はこちらから

お昼ご飯

川崎に着いてひとまずお昼ご飯を取りました。こんなお腹を痛めつける旅ですが、我々はお昼ご飯に【🦪牡蠣食べ放題🦪】を予約してました。バカだって言わないでください。これも7月末までの期間限定だったのです。生牡蠣と素焼きと牡蠣スープを無限に食べました。味付けに、ポン酢やレモン、レモンオリーブオイル、塩コショウ、バター、タバスコ、ごま油などいろいろ試せて良かったです。私は牡蠣を計19個頂きました!翌日、お腹は無事でした😌

神奈川 サマーブルークリームフラペチーノ

ラストの一杯。ラゾーナ川崎3階店。

しかし店内はまさかの大行列で多分20人以上並んでました。ここで伝家の宝刀を発動。そう、”モバイルオーダー”です。多分並んだら15分前後かかりそうなところ、モバイルオーダーで頼んだら秒で出てきました。圧倒的割り込み()混んでたらモバイルオーダーすることをオススメします。

神奈川限定、味はぶっちゃけ表現し難い味でした笑 でもちゃんと美味しい!むーさん曰く、アイスの”爽”っぽい味。上のシトラス果肉ソースがいいアクセントになりました。映え重視なオシャレな一杯。公式の紹介文はこちらから

 

食べ放題の時間も含め16:30に終了の鐘がなりました。お疲れさまです!控えめに言って全部おしかったです!(カロリーの暴力)(何カロリーかは考えたくない)

8月3日までなので、もし気になる方がいたらぜひチェレンジしてみてください。

おまけ

実は糖の過剰接種を危惧して、開始前と牡蠣食べ放題の前にカロリミットを飲みました笑 糖や脂肪の吸入を妨げてくれるらしいです。買ってきてくれたむーさんに圧倒的感謝!

効果はきっとあるはず

引用:スターバックスコーヒージャパンより

The following two tabs change content below.
S(硫黄)の臭いから脱出できたかもしれない

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る