ブログ

デジタル有機合成 第二回成果報告会にいってきました

Today:0views / Total:491views Written by:

こんにちは、少しずつ暑さが落ち着き始めて過ごしやすい中原です。

今回は、先日開催されたデジタル有機合成 第二回成果報告会に参加してきましたので、その様子について書いていきたいと思います。

前回に引き続き僕と同期の久保がカメラマン担当として、成果報告会へ参加しました。具体的にはこちらのYouTubeの動画の素材をひたすら撮るというお仕事を任されています。

前回は動画のどの字もわからない状態でのカメラマンだったので、どういう映像や写真が良い素材になるのか考えずに撮影していましたが、今回は前回を踏まえた撮影だったので、割と仕事ができた気がしています。もっとも大変だったのは岡山大学の入り口から報告会の行われている教室まで歩いて撮るというシーンです。というのも、岡山大学は広大な上、どこからが岡山大学なのかわからないほど街並みに馴染んでいたのでよくわからない場所から歩いて撮りました。軽いエクササイズになりました。詳しい内容は動画を見ていただければと思います。

今回は、当日の朝に新幹線に乗るスケジュールでした。朝起きれるか心配だったのですが無事起きて出発。東京駅から3時間かけて岡山駅に到着。新幹線は空いていると思っていましたが、実際は結構パンパンに人が入っていました。長い時間だったので、寝ないとしんどかったです。到着したら、まずお昼ごはん。お昼ごはんはあらかじめ決めていた福寿司さんというお店に向かいました。

気を取り直して、吾妻寿司さんに向かいました。黄ニラ、鰆、ままかりの握りに加えて鰆丼をご馳走していただきました。東京では堪能できない味覚、非常に美味でした。個人的に鰆のおいしさに感動してしまいました。潤さんご馳走様でした!!

ご飯を十二分に堪能し、たまたま駅でお会いした矢島先生と合流し岡山大学に向かいました。今回、公募班の先生方が多数参加されていたので、色々な大学の先生方を初めてお目にかかることができました。夜は特にお店を決めていなかったのですが、潤さんの呼びかけのもと何名かの先生方とご一緒させていただくことができました。これまでオンライン学会しか参加できなかった僕にとって、他大学の先生方とお話しをさせていただく経験は本当に貴重でした。岡山に連れてきていただいた潤さん、ご一緒させていただきました先生方、本当にありがとうございます!!(締めの油そばの写真しか残っていませんでした…。)

おはようございます、二日目です。今回、ホテルグランヴィア岡山に泊まりました。朝ごはんがたまらなく美味しかったです。ままかり茶漬け、しゃぶしゃぶ、どれも絶品でした。そして、19Fから岡山の街並みを眺めながら食べる朝食は優雅でした。

そして報告会二日目の後、西原研究室に訪問させていただくことになり、矢島先生とご一緒に西原研究室に向かいました。西原研究室は2021年度に異分野基礎科学研究所棟に引っ越されたばかりで、とても綺麗でした。また、西原先生のお部屋に入れさせていただいたのですが、西原先生のお部屋にはコーヒーメーカー、ワインセラー、ソーダストリームなどがあり、大変なもてなしをしていただきました。潤さんがめっちゃ良いなぁと言っていたので近々山口研にワインセラーかソーダストリームが導入されるかもしれません(笑)。そして、さらに滅多に手に入れることができない白酒をくださいました。西原先生の漢気に心を打たれました。西原先生、本当にありがとうございます!大切にいただきたいと思います。

また、山口研と共同研究もしたことがある柏原美勇人さんとお会いすることもでき夕飯をご一緒させていただくことになりました。お店は、酒囲屋さんを予約しており鰆をはじめとする海の幸と美味しい岡山の地酒などを堪能しました。本当に、岡山はご飯が美味しく、良いところでした。さらに、美勇人さんはご自身の博士論文を持参しており、潤さんに渡されていました。やはり流石だなと思いました。

以上、今回岡山で開催されたデジタル有機合成第二回活動報告会でした。潤さん、僕たちを連れていただいて本当にありがとうございます。普段経験することができない貴重な時間でした。また、今回の出張を通じて多くの方々とお会いし、偉大な研究者の人間としての器の大きさを感じることができました。自分も精進していきたいと思います。本当に関係者の皆様、ありがとうございました。

 

P.S. 矢島先生からお菓子をいただきました!高級な味で本当に美味しかったです!ありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.
いっぱい食べたいんだよ いっぱい寝たいんだよ いっぱい実験したいんだよ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る