ブログ

日本酒って美味しいんだおっww

Today:0views / Total:300views Written by:

こんにちわ、もうすぐD3の松下(32)です。

最近、僕の記事がクラシック音楽のおススメ一辺倒だったので(ここでも一曲ススメちゃう、最近の僕の気分はショスタコ5!!)、今回は、僕のささやかな趣味の一つである日本酒を紹介しようと思います!

山口研の掲げるWork Hard! Play Hard!!!!というスローガンの下、毎月というかほぼ隔週つか毎週?、みんなで集まっての飲みニケーションが開催されます。うちのラボでは早稲田の学生さんらしくお酒をガンガン飲んだりするわけですが、主にあるぱかやおじさんばかり飲んでいて、皆さん日本酒にはあんまり手を出そうとしません。

確かに、良質な日本酒はそんな簡単には入手できないですし、コンビニとかそこら辺で簡単に買える日本酒はかなりキツい味と匂いしますし、日本酒はどちらかというとそんなにガンガン呑むものじゃなく、チビチビと味わうお酒ですもんね。日本酒のガンガン行こうぜ!は二日酔い必死!!つか、そもそも酒はガンガン飲むものではなく、適度に嗜むものなんですが汗(学生の飲み方は見ていて時々恐怖を感じる、、、)

学生の飲み会向きじゃないのかもしれませんが、ゆっくりと美味しいお酒を味わいたい、というときがそのうち来ましたら、これから紹介する日本酒をぜひ飲んでみてください。日本酒に対して苦手意識がある方も、もしかしたらイメージが変わるかもしれませんよ。

1. 獺祭

まず紹介するのは、今や日本酒の代名詞的な扱いを受ける獺祭。うちのラボでは頂き物としても良く登場する、比較的馴染みのある日本酒です(写真は頂き物の紹介ブログから)。大吟醸ということもあり、まろやかでとにかく飲み易いのが特徴かと思います。お米の旨味と甘味が結構分かりやすく、しかしながら日本酒特有の雑味をあまり感じないので、日本酒初心者にオススメです。冷やしたほうが美味しいかもしれないですね。値段は大吟醸ゆえ若干高めですが入手性はけっこう良く、街の酒屋さんや百貨店に行けば大体置いてありますので、見かけたらぜひご賞味ください。とにかく有名でして、そりゃ獺祭は美味しいんですが、個人的には旨い日本酒は他にもいっぱいあるぞ!と思ったりしちゃいます。

2.新政

次に紹介するのは、通の方に大人気で今や獺祭よりも入手しづらくなっている新政です。風味の特徴は、日本酒特有のお米の香りをほのかにさせながら、上質な白ワインのようなまろやかな味わいとシュワっとした軽ろやかさを持ち合わせていること!やや薄味ですが、日本酒らしいお米の旨味と酸味があり、雑味はあまり感じさせません。つまり飲みやすい。白ワインの日本酒ver.って訳分かんないこと書きますがそんな感じ。ワイン好きの人にもオススメの逸品です。あと、パッケージがシャンパンみたいにすっごいオシャレです。カッコ良く日本酒飲みたい方は是非ご検討ください。ちなみに、かなり人気で入手性があまりよろしくなく(最悪ではないが)、通の方が行くような酒屋さんや高級百貨店にあったり無かったりといった感じです。僕も手に入れるのは若干苦労します。ただ、十四代みたいな幻の酒ではないので、少し頑張れば手に入れることができると思います。

3.〆張鶴

続いてオススメするのは、新潟屈指の銘酒である〆張鶴。お米の旨味と酸味の具合が丁度良く、そこまで甘くなくスッキリしながら、良い意味での米の雑味も残した、飽きずにずっと(一生?笑)飲み続けることができるザ・日本酒です。生産元の宮尾酒蔵はその味を、淡麗旨口、と表現しています。僕の好みは、一番辛口のです(写真の一番右)。地元で大半が消費されてしまうらしく東京ではあまりお目にかかれないですが、上位クラスの月や雪よりなぜか美味いんです。僕の好みは常温ですが、冷やしても熱燗にしてもOKで、もはや万能です。値段もお手頃で、獺祭や新政よりもやや安めです。実は、僕が初めて飲んだ日本酒がこのお酒でして、親友が産地である新潟県村上出身ということで頂きました。それ以来、日本酒好きになったわけでして、第一印象って大事ですね。これが本当は一番推しなんですが、それなりに日本酒の雑味もあるので、フレッシュな舌をお持ちの学生さん達にはまだ早いかも笑?

4.朝日鷹

最後に紹介するのは、通の方以外にはあまり知られてない銘酒、朝日鷹。こちらのお酒、幻のお酒として有名な十四代と同じ蔵元が地元用に造っている廉価版です。十四代が旨すぎるのは分かっているのですが、パンピーの僕には値段が高すぎるし滅多に頂けないレア物なので、似たお味を楽しみたいなら、もう少しリーズナブルな朝日鷹を飲むことにしてます。味の特徴は、米の旨味、甘味とフルーティーな香りが爽やかに上品にやってくる、って意味不明なこと書いてますが、要はすげえ旨いということ!飲んでる最中にも時間経過につれて味わいが少しずつ変わっていく不思議なお酒です(普段冷やしてるからかも、温度変化か?)。日本酒を出す居酒屋さんにもし置いてあったら、ぜひお飲みください!!ただし、上記の商品よりも入手性が悪いです。もし家飲みしたいなら、特約店さんに行ったほうが良いと思います。

他にも紹介したい日本酒はたくさんあるので、写真が貯まり次第、紹介して行きたいと思います〜!すなわち、クラシックのススメと同じく、シリーズ物へ成長させたいわけですな笑 でわでわ〜。

The following two tabs change content below.
松下薫
ディズニーと作業着を着こなす男。ものまねが得意。玉ねぎのジャニジャニ感が苦手。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 4 10日

ページ上部へ戻る