ブログ

大北の3報目論文 ”招待論文”

Today:0views / Total:883views Written by:

最近、代謝が良すぎて実験しながら汗だくになってしまいます。大北です!!
さて、Publishから時間が経ってしまいましたが、3報目の論文の報告です。

Dibenzofuran Synthesis: Decarbonylative Intramolecular C‐H Arylation of Aromatic Esters
Okita, T.; Komatsuda, M.; Saito, A. N,; Hisada, T.; Takahara. T. T.; Nakayama, K. P.; Isshiki, R.; Takise, R.; Muto, K.; Yamaguchi, J.
Asian, J. Org. Chem. 2018, Eary View.
DOI 10.1002/ajoc.201800207

Asian JOCの招待論文です。

2報目の脱カルボニル型メチル化と並行するような形で1月あたりから研究をスタートしました。
反応条件が確定したのが締め切りのたった20日前で、みんな全力で実験してなんとか投稿することができました。

論文の注目ポイント

著者が多い!!

人数が多いことに気づくと思います。(業績を書くときにかなりスペースをとります…笑)
限られた期間でまとめなければならなかったので、役割分担を行なって実験しました。

・原料合成部隊 (どかどかエステルを作る): 小松田、齊藤、高原、中山、
・反応条件探索部隊 (がつがつスクリーニングして最適条件を決める): 一色、大北
・基質合成部隊 (ばんばん原料を触媒反応にかける): 大北、久田、一色

誰か一人でも欠けたら投稿はできなかったはずです。

ミドルネームが3人!?

齊藤杏実 → Ami N. Saito
高原智明 → Tomoaki T. Takahara
中山景斗 → Keito P. Nakayama

イニシャルが被っていた人はミドルネームをつけることにしました笑
ぜひ学会などで彼らに会ったら、ミドルネームの意味を聞いてみてください!
きっと面白い由来を聞かせてくれるでしょう。

個人的にはファーストオーサー3報目ということで、とても達成感がありました。
これからも研究に励んでいきます!

The following two tabs change content below.
大北俊将
D2。初代学生ラボリーダー。 https://orcid.org/0000-0002-2950-6844

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Special

2016-09-26_23-46-45 2016-09-26_23-51-062016-10-01_23-46-23
dcypt

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

Links

ページ上部へ戻る