ブログ

蒙古タンメン中本 ~辛さの先のうま味~

Today:0views / Total:850views Written by:

初めまして、本年度から山口研究室に配属になりました佐々木優希です。

突然ですが皆さん、辛いものはお好きですか?

僕は大好きです!

山椒の舌がシビれる辛さや唐辛子のビリビリくる辛さなど辛さにも多くの種類がありますが基本的にはすべて好きです。なのでトッピングで辛くできるメニューがあれば必ずと言っていいほどMaxを選択します。

このように話すと大抵の人に「辛ければ何でもいい味覚オンチ」と思われてしまうのですがそうではないんです。僕が求めているのはブログタイトルにも書いたように【辛さの先のうま味】なんです。旨辛というやつですね。

旨辛という言葉は字面以上に複雑で旨さを求めると辛さが物足りず、辛さを突き詰めると旨さが消えてしまうある種矛盾したものだと思います。実際辛さを売りにしている店で僕がリピートしたいと思えるものは数えるほどしかありません。

その複雑な旨辛を見事に表現していて、僕の辛い物好きを目覚めさせてくれたのがご存じ【蒙古タンメン中本】です。行ったことはないけど名前は知っているという人も多いのではないのでしょうか。

今回は僕が食べてきた数々のメニューの中から本当におすすめできる上位3つのメニューをご紹介したいと思います。この記事を見て少しでも興味を持っていただけたらランチでもディナーでも足を運んでいただけますと幸いです。

それでは参りましょう。

第三位 焦がし味噌卵麺(辛さ8)

ということで第三位にランクインしたのは焦がし味噌卵麺です。こちらは限定メニューと呼ばれるもので店舗に行けば必ず食べられるわけではありません。そんなもんランキングに入れるなと思うかもしれませんが、個人的には恒常メニューよりも特定の限定のほうがはるかに旨いということが多々あります。

限定メニューは一か月ごとに店舗によって変化するので公式アプリを入れて最新情報をゲットできるようにしておきましょう。また公式アプリを入れるだけで毎回白米、ウーロン茶、ゆで卵のいずれかを無料でもらえるクーポンが手に入るので入れ得です。

公式アプリはこちらから取得できるので良ければ飛んでみて下さい。

さて焦がし味噌卵麺は恒常メニューである味噌卵麺にマー油と糸唐辛子をトッピングしたメニューで調理工程で文字通り味噌を焦がすことにより深い味わいと少しの苦みを加えています。

通常の味噌卵麺が比較的あっさりとした味わいであるのに対し、焦がし味噌卵麺は焦がし味噌マー油の香りがグッと押し寄せてくるためスープまでおいしくいただけてしまいます。また通常よりも苦みがあるため、ゆで卵の甘さがより際立つ点もおすすめポイントです。

第二位 冷やし味噌やさい(辛さ10)

第二位にランクインしたのは恒常メニューの冷やし味噌やさいです (注: こちらは僕がよく足を運ぶ高田馬場店、新宿店、渋谷店で恒常のため恒常メニューと表記しましたが全ての店舗で恒常メニューではない可能性もあります)

冷やし味噌やさいの最大の特徴はつけ麺スタイルでいただける点。冷盛の麺に対して熱々のつけスープの組み合わせで猫舌の僕も気兼ねなくすすることができます。

冷やしのメニューは他にも存在しますが、圧倒的におすすめです。スープに漬かっている野菜たちは都度中華鍋で振られた一品で先ほどの焦がし味噌同様スープに深みを与えてくれます。また個人的にピーマンが最もおいしく、これを食うために頼んでいるといっても過言ではありません(ピーマン好きなだけです)。

加えて冷やしメニューは暖かいメニューに比べて表記上の辛さよりも低く感じるため、数値におびえず挑戦していただきたいです。

 

第一位 北極の火山(辛さ12)

堂々の一位に輝いたのは北極の火山です!!!

今まで数多くのメニューを食べてきましたが本当にこのメニューが心の底から好きだ!!と叫べるくらいに大好きです。

(こちらも恒常メニューとなっている店舗が限られているため、公式サイトもしくはアプリでのご確認をお忘れなく!)

通常の北極のスープに炒めもやし、カイワレ、ニラ、蒙古の麻婆がトッピングされた一品でこれ一つで北極と蒙古タンメンを一度に味わえるかのような豪華セットです。写真ではゆで卵をトッピングしています。

このメニューの特徴は何といってもその味わいで通常に北極に比べて麻婆が追加されたら辛さが跳ね上がると思われがちですが、その逆でスープにまろやかさ旨味が増します。また炒めもやしのシャキシャキ感がアクセントとして優秀で飽きることなく食べ進めることができ、北極関連のメニューは最初から麺が1.5玉で作られるため僕には少し多すぎるのですが、火山に関してはスルっと食べることができました。麺を完食しても残った麻婆とスープを絡めることで最後までおいしくいただけてしまいます。

これは勝手なお願いなのですが僕は中本に行ったらぜひスープを楽しんでいただきたいです。やはりラーメンはスープ、旨味が詰まったスープを楽しまないのはもったいない!!

辛すぎて無理という方は店員さんに「紅ショウガください」と声をかけ、スープと一緒にレンゲにのせて食べると辛さが軽減され、スープのうま味を最大限楽しむことができます。

ぜひスープまで楽しんで一緒に【辛さの先のうま味】を楽しみましょう。

B4 佐々木優希

The following two tabs change content below.

佐々木優希

辛い物食べたい。

最新記事 by 佐々木優希 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る