ブログ

感謝するぜ お前と出会えたこれまでのすべてに!!

Today:6views / Total:609views Written by:

こんにちは!

最近、韓国の袋麺にハマっている山口研のマングローブことみっつです。

今回は私の生き方に影響を与えている少年漫画の名言(迷言)を紹介したいと思います。

ちなみに今回のタイトルは「HUNTER×HUNTER」に登場するアイザック=ネテロの言葉です。まず、手始めにネテロの名言をいくつか置いておきます。

(1)激しい「喜び」はいらない…そのかわり深い「絶望」もない…「植物の心」のような人生を…そんな平穏な生活こそわたしの目標だったのに…

この名言は「ジョジョの奇妙な冒険-ダイヤモンドは砕けない-」に登場し、私が敬愛する吉良吉影(川尻浩作)の言葉です。以下にこの言葉が私に刺さった理由を述べますが、ただの自分語りなので読み飛ばしていただいて大丈夫です。

私はこれまで他の人と比べることで得られる喜びを幸せとして生きてきました。〇〇よりもの点数が高い、〇〇よりも目立っている、〇〇よりもいい大学に行けたというように、他人と比べることで得られる優越感などを糧にして生活にしてきました。しかし、この言葉に出会ったとき、気づいたのです。他人と比べて幸せを得ることは確かに簡単だけど、他人に左右された人生ってくそつまらないな、と。自分も吉良吉影のように他人の目を一切排除して、自分が本当にしたいことをして、それによって幸せを得たいと思いました。そう考えると、いい企業に勤めたい、お金持ちになりたいという願望は、本当に自分のしたいことではないと気づきました。ただ、他人に羨望の眼差しを当てられて、それによって幸せを得たいだけだと。もちろん、他人と比べて喜びを得る人生が悪いとは言いません。それもとても大事なモチベーションだと思います。しかし、私は他人の目によって左右される人生はくそつまらないと思うので、これからも自分が本当にしたいことを、もがきながら探したいと思います。

吉良吉影には他にも多くの名言があるので紹介しておきます!

“わたしは常に「心の平穏」を願って生きてる人間ということを説明しているのだよ…「勝ち負け」にこだわったり頭をかかえるような「トラブル」とか夜もねむれないといった敵を作らない…というのがわたしの社会に対する姿勢でありそれが自分の幸福だということを知っている…もっとも戦ったとしてもわたしは誰にも負けんがね”
“たばこは吸わない酒はたしなむ程度、夜11時には床につき必ず8時間は睡眠をとるようにしている…寝る前にあたたかいミルクを飲み20分ほどのストレッチで体をほぐしてから床につくとほとんど朝まで熟睡さ…赤ん坊のように疲労やストレスを残さずに朝、目をさませるんだ…健康診断でも異常無しといわれたよ”

(2)僕はここで三人でかけっこをするために生まれてきたんじゃないかって…

この言葉は「進撃の巨人」のアルミン=アルレルトの言葉です。私はふとした瞬間、自分はなんで生まれてきたのかと考えることがあります。その度に人々の役に立とう、とか尊敬される人物になろう、なんて大層なことを考えます。しかし、生まれてきた意味というのは実は意外とちっぽけで身近にあるかもしれない…ということを気付かされる言葉です。歴史を見れば明らかですが、自分の生きた意味なんて後世の人が勝手に決めてくれるものです。

(3)さあ乾杯しやう。乾杯しやうぢゃないか、人といふものどもに。善人も悪人もいつの世も人はくり返す。膿むには余りに長く学ぶには余りに短い。時の螺旋上。だからこそ好く欲し、好く発するものだらう?命など陽と地と詩とで満たされるほどのものなのに

これは「HUNTER×HUMTER」のディーゴ総裁(本物)が登場する箇所で紹介されている詩です。この詩の良さは、「HUNTER×HUMTER」のキメラアント編を読んだ人にしかわからないかもしれません。とにかく最後の一行”命など陽と地と詩とで満たされるほどのものなのに”が心に深く刺さりました。

(4)マレーシア…そうだな…マレーシア…クァンタンがいい。なんでもない海辺に家を建てよう。買うだけ買って手をつけてない本が山ほどある。一ページずつ今までの時間を取り戻すようにめくるんだ

この言葉は「呪術廻戦」に登場する七海建人(ナナミン)の言葉です。静かな海辺で書を嗜みながら、過去に思いを馳せる…こんな素晴らしい時間があるでしょうか。私の理想です。

ナナミンには名言が多いため他にも紹介しておきます。

“枕元の抜け毛が増えていたり、お気に入りの惣菜パンがコンビニから姿を消したり、そういう小さな絶望の積み重ねが人を大人にするのです”
“自分はやり甲斐とか生き甲斐なんてものとは無縁の人間。3,40歳までに適当に稼いであとは物価の安い国でフラフラと人生を謳歌する”

いかがでしたでしょうか?

フォロワー数やいいね数、閲覧回数、登録者数など他人によって自分の評価が決まりやすい時代において、他人を介さずに自分の生き方を決めていくのはとても難しいですね。そんな時代でも、私はもがきあがきながら、自分を大事にして生きていきたいと思います。

ありがとうございました。

[参考文献]

“HUNTER×HUNTER 冨樫義博 集英社”より一部抜粋

“ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 荒木飛呂彦 集英社”より一部抜粋

“進撃の巨人 諫山創 講談社”より一部抜粋

“呪術廻戦 芥見下々 集英社”より一部抜粋

The following two tabs change content below.

日比野充貴

学士
あだ名はみっつ 将来の夢は晴耕雨読の生活を送ること 日比野充貴は静かに暮らしたい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る