ブログ

浅子、一色、ついに名大へ!!

Today:45views / Total:299views Written by:

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
人間の体感時間は年々早くなるとはよく言ったもので、ついこの間研究生活が始まったと思ったらいつの間にやら修士二年の冬ですね。あと数ヶ月で博士一年だなんて驚きを隠せません。
先月末(昨年末)になりますがついに名古屋大学に遊びに行くことができました!
名古屋大学といえば潤さん、慶さんの古巣であり我々山口研の学生からしてみれば憧れの地、はたまた聖地といっても過言ではありません。
B4の頃からずっと夢見ていたそんな名古屋大学に冬休みを利用してついに上陸しました。伊丹研のしゅーやさん、戸谷くんお誘いありがとうございました。
忘年会シーズンということで聖地巡礼を行なえたのは浅子、一色の二人でした。大北と小松田はさぞかし悔しがっていることでしょう
新幹線のデッキで揺られること約二時間、若干の雪が残る名古屋に到着。愛知県には観覧車が多いですね
駅ビルは観光客であふれていたので大学付近の名大生行きつけの中華料理屋「牡丹亭」に連れて行ってもらいました。
そこそこ大きいサイズのチャーハンに+100円で普通サイズのラーメンがついてくるというまさに大学生のための店です。
浅子は久しぶりのフードファイト、いつか名大のファイター青木くんと戦ってほしいものです。
そしてついに研究室見学です
ITbMと理農館を見せていただきました。
ひたすらに広い、そして綺麗、装置と器具の多さが物語る圧倒的な財。山口研が10個くらい入りそうです
日本トップレベルの有機合成研究を行う大学はやはり違いますね。我々も負けじと頑張るぞーという気持ちになりました
続いて同じく名大の山下研を見せてもらいました。
研究テーマが全く違うこともあり普段はみることのない装置が山盛りで面白かったです
死ぬまでに一度は使ってみたいものです。
他の研究室を見学するとそれぞれ特徴があって面白い、今後も機会があればいろいろな研究室を見せてもらいたいです。

夕方からはお待ちかねの飲み会です。研究室の広さでは負けても飲み会では負けないぞ!
という気持ちで挑みましたが一次会で調子に乗ってしまい店を出た瞬間、気づいたら三次会中でした。二次会の記憶は一切ありません、ごめんなさい。
飲み会中も早稲田組は奥出のパワーに圧倒されるばかり、結果はボロ負けです。
ただとても楽しかったことだけは覚えています。

名古屋の人もその他の大学の人も是非、早稲田に遊びに来てください。その時は負けません

The following two tabs change content below.
一色遼大
M2。英語が苦手。最近近場で一人暮らしをしている。
一色遼大

最新記事 by 一色遼大 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る