ブログ

かゆいところに手が届くMacアプリ

Today:0views / Total:242views Written by:

こんにちは。D3の小松田です。

今回は、普段自分が使っているかゆいところに手が届くMacのアプリをいくつかお勧めしたいと思います。
これを使えば劇的に作業効率が改善!ということはないかもしれませんが、文字通りちょっとしたところが便利になるので気になった方はぜひ使ってみてください。

Magnet

普段みなさんはデスクトップ上のウィンドウのサイズや配置をどのようにいじっていますか?ウィンドウの下に隠れている別のファイルやウィンドウをいじりたい、けど今開いているウィンドウが邪魔!という場合です。ドラックしてウィンドウのサイズを変えるのが一般的だと思います。
このアプリを使えば、地味に面倒な作業を避けることができます!このアプリでは、ウィンドウサイズに各々割り当てられたコマンドを入力するだけで、特定のサイズにウィンドウを一瞬で変更できます。

コマンドを覚えるのが最初は面倒ですが、慣れてしまえばとても便利です。むしろこれが搭載されてないMacだとウィンドウの移動がとても面倒に感じます。Magnetは有料ですが自分的には課金する価値はあると思います。他にも似たようなアプリがあるので自分に合ったものを選んでもいいと思います。

CopyClip

これは同じようなアプリを使っている人を見かけたことあります。クリップボードを増やすことができるアプリです。Macではデフォルトで、command+Cでクリップボードにコピーできる情報は一つだけです。しかし、このアプリを使えば無限に増やすことができます。書式等の情報は失われますが、さっきコピーしたやつをまた引っ張り出したい!なんて時には便利です。

Sleep Control Center

このアプリは、スクリーンをつけっぱなしにする/スクリーンセーバーにするといったモニター操作をデスクトップ上で簡単にできるアプリです。似たようなアプリは沢山あって、使っている人も多いと思いますが、自分はこのアプリが一番充実していると感じるのでこれを使っています。

Friendly Streaming

これは正直あまり使ってはないですが、きっとユーザー的には一番ありがたいんじゃないかと思い紹介します。笑
YoutubeやNetflixなどの動画コンテンツを小さなウィンドウとして表示できるアプリです。このアプリのすごいところはデスクトップや全画面表示のアプリどんな画面に切り替えても常に表示されます。なので、動画を見ながら作業したりするのにはとてもいいと思います。
僕自身は動画見ながら作業できないのであまり使っていません。講演会とかを流し見できるのはいいのかも。

以上、かゆいところに手が届くおすすめアプリを紹介しました。ぜひ使ってみてください。
他にも良さげなアプリがあればまた紹介したいと思います。

The following two tabs change content below.

小松田雅晃

D3。驚異のリサーチ力を誇るラボGメン。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る