ブログ

M1チップ搭載!MacbookPro新調しました

Today:6views / Total:2,263views Written by:

2年使ったMacbookProがバッテリーが肥大化し、消費電力過剰となりつつあって作業効率が低下していたのでPCを買い替えました。
話題のM1チップのものにしました。というわけで、今回は気になる互換性などを含めた使用感のレポート記事としたいと思います。

何故買い替えた?

最大の理由は、消費電力過剰となっていたことです。同時にSafariで論文を10個くらい開くクセがあるのですが、
3つ開くと動きが完全に止まるようになってしまいました。
それと、バッテリーが肥大化したせいで、トラックパッドでクリックができなくなりつつありました。
M1チップ搭載Macはソフトウェアの互換性が不安視されましたが、それを差し置いても耐えきれない状態だったので今回購入に踏み切りました。

M1チップ搭載Macのいいところは?

値段が安いです。これまでのモデルで積んでいたスペックと同等のものを買おうとした場合、10万以上安価です。
これには感動しました。完全自社内製化、というやつの恩恵なのでしょうか。下町ロケットで帝国重工がそれをやろうとした理由もわかった気がします。

キーボードの使用感も向上しているような気がします。とても静かで好みなタッチ感です。
Touch Barも機能が増えたようですが、さほど使わないのでわかりません。指紋ボタンとescが飛び出たくらいしか気づきません。
その他、外観含め、大きな変化は感じません。

互換性はどう?

ChemDraw

有機合成化学者であれば、一番気になるのはChemDrawです。
結論から言えば、全く問題なく動きます。これまでのPCと何ら遜色ありません。

MS Office

これも日常的に使います。大丈夫でした。ChemDrawに貼って戻すのも問題ありません.

その他

各ソフトウェアで書いても「問題ありません」のオンパレードになるので、以下、問題なかったアプリなどを列挙します。
・Google Chrome ・Slack(Rosettaインストールが要求された) ・CrystalMaker ・TEPRAのアプリ ・ZOOM ・WebEX ・FileZilla ・Papers ・Feedly

問題があったのは?

M1チップによる影響が一番でかかったのは、プリンターのドライバーでしょうか。当研究室は富士ゼロックスのものを使っていますが、
メーカーページにしっかりと「今後対応予定」とあるように、プリントアウトできませんでした。早急な対応を期待します。

あとは、OS Big Surの問題なのだそうですが、Mercuryが開けません。
残りは、OS Catalinaから始まった64 bit問題に付随するものですが、JEOL Deltaや旧型GaussViewなどの32 bit版ソフトは当然無理です。
これらを使うときは諦めてラボの共有PCのOS, Mojaveのものを使わせてもらってます(画面共有という機能が超便利)。

OS Big Surはどうなの?

新型PCと同時に発表されるのがOSのアップグレード。今回はBig Surとなりました。
アイコンがかわいいこと、windowがシンプルになったことなどが見た目として感じられます。
個人的に良さそうと思っているのが、バッテリー充電の最適化という機能。フル充電しすぎないような機能がついています。
きっとバッテリーの劣化が低減されるのでしょう、長寿命化されるのでしょう、と思っておきます。
ただ、出張前にはこの機能は外しておかないと100%充電されていない状態になってしまうので注意がいりそうです。

いずれにせよ、今のところそこそこ快適です。
現状プリンターは痛いところですが、プリントアウトする機会も減ってます。画面共有機能で使えないソフトウェアも補完できています。
コスト面の魅力が大きいので、これまで予算の問題でスペックを上げられなかった方はいい機会かもしれません。
このブログが少しでも化学研究者の助けになればと思います。ではでは。

The following two tabs change content below.
趣味はラーメン、漫画、マラソン、自転車、野球、バレーボール。ものづくりの街、豊田市出身。車ではなく分子レベルでのものづくりを極め、非常識だが理想的な方法論で未踏分子を世に出すことを目指す。60歳になっても子供のように、化学でできるあんな未来こんな未来を語り、学生とともに実現に向けて一歩を踏み出せる研究者でいたいと考えている。

関連記事

コメント

    • 木越英夫
    • 2021年 3 05日

    私のMacBook Air (M1 chip) Big Surでは、ChemDraw 20はインストールできませんでした。テクニカルサポートからは、下記のように返事をいただきました。インストーラの問題かしら。

    I am sorry but the Macbook pro with M1 chip processor is not supported yet but we are working on it,

      • 武藤慶
      • 2021年 3 08日

      本記事執筆者です。コメントありがとうございました。
      当研究室ではM1 Chip Macbook Air、OS Big Surの所有学生が3名おりますが、全員ChemDraw20をインストールできました。なお、全員ChemDraw Professionalです。
      以下、ダウンロードファイルの詳細です
      File description:Mac OSX Installer for ChemDraw Professional
      File Name: cd200.dmg
      少しでもお力になれれば幸いでございます

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る