ブログ

電動ふわふわかき氷器 とろ雪

Today:0views / Total:385views Written by:

つい数日前まで寒さに震えていたと思ったらいつの間にやら扇風機が手放せない季節がやって来ました。今年の春はどこに行ったのでしょうか。
さて、このような蒸し暑い夜に欠かせないものといえば「かき氷」ですね。
しかし高級志向の我々山口研究室メンバーはそんじょそこらのかき氷では満足できません。
かき氷の命は削りにあると言っても過言ではありません
そこで今回我々が導入したのは「新食感!とろとろ、ふわふわ 電動かき氷器とろ雪」です。


ちまたで流行りの台湾風かき氷を作れる最高級かき氷器です。お値段は6500円(僕のはドンキ限定!)
台湾に行ったことがなければ台湾風かき氷を食したこともないので正解はわかりませんが“6500円”です、さぞ美味しいのでしょう。

詳しい使い方や商品レビューはHIKAKIN TVを参照していただきたいのですが、一色的には△です。
試しに氷を削ってみたところ普通にバリバリでした。スキー場のゲレンデの方がよほどフワフワです。
ジュースを凍らせたシャーベットは皆に人気でしたがとろ雪でなくてもよいのでは感が否めません。甘みが苦手な一色には少しくど過ぎですね。
TODAY’S ISSHKI’S POINTは65です。
普通のかき氷器で作ったやつにカルピスをかけるのが一番美味しい。

The following two tabs change content below.
一色遼大
M2。英語が苦手。最近近場で一人暮らしをしている。
一色遼大

最新記事 by 一色遼大 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る