ブログ

一色、論文を出しましたpart2

Today:0views / Total:543views Written by:

10月23日に二報目の論文がSynlettからpublishされました!DOI: 10.1055/s-0036-1589120

 

おなじみの芳香族エステルの脱カルボニル型反応でケトンのα位をアリール化しました。

初めてもらったテーマを一色初の第一著者の論文として報告できるのは感慨深いものがあります。

副反応のエーテル化ばかり進行してしまったり基質適用範囲が全く広がらなかったりといった理由で半年以上引き出しに封印されていたテーマをついに論文として発表することができました。

結局エステルの適用範囲はびっくりするほど狭いままですが良しとしましょう。

通称ヘンテコキノリン

 

現在は三報目の論文の投稿を目指して実験中です。

一色の今後の活躍にご期待下さい!

基質適用範囲を広げてあげるよという方は連絡してください。

The following two tabs change content below.
一色遼大

一色遼大

M1。英語が苦手。最近近場で一人暮らしをしている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る