ブログ

一色、ISHC XXI 2018に参加しました。

Today:0views / Total:400views Written by:

7月8日から7月14日までオランダのアムステルダムで開催されたISHC XXI 2018に参加しました。
ISHCとは INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON HOMOGENEOUS CATALYSISの略です。
なるべく安い飛行機で行こうとしたら行きはインドで10時間、帰りはUAEで20時間のトランジットという過酷なスケジュールになってしまいました。このトランジットが今回の学会で一番辛かったです。
今回の学会はFeringa先生の講演から始まるという豪華な幕開けでした。研究内容が面白いだけでなく英語も聞き取りやすくノーベル賞受賞者の格の違いを感じました。
そして一番嬉しかったのはVyDong先生に会ってお話しできたことです。4年生の時に初めての抄録会で論文を取り上げた印象深い先生です。
他にも授業や抄録会に出てくるような先生方の講演を生で聴けて懇親会でお話できたことはとてもいい経験になりました。
ポスター発表も初めはとても不安でしたが会場の先生や学生はみんな優しく僕のつたない英語でもなんとか聞き取ってもらえました。
学会では1日2回のおやつと朝食昼食バイキングがあり常にお腹いっぱいでした。夜の飲み会も珍しくコミュニケーションがメインのしっぽり飲みが多めでした。その分いろいろな先生や学生と話ができたのでたまにはこういう飲み会もありですね。
学会だけでなくエクスカーションのボートツアーや観光もとても楽しかったです。
マリファナを吸ってるオランダ人に絡まれたり怖いこともありましたが行ってよかったです。
また国際学会に参加できるように実験頑張ります。

最後に今回の学会を運営してくださったアムステルダム大学の先生方、学生に御礼申し上げます。
また、アムステルダムで遊んでくれた伊藤研の羽山さん、真島研の上田さん井上さん、中尾研のみゅーとくん、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
一色遼大
M2。英語が苦手。最近近場で一人暮らしをしている。
一色遼大

最新記事 by 一色遼大 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る