ブログ

脱二日酔い実行法 (効果には個人差があります)

Today:1views / Total:355views Written by:

こんにちは。B4の髙田です。

春となり、もうすぐ4月となるということで歓送迎会が増え、惜別の気持ちや歓迎の気持ちからついついお酒を飲みすぎてしまう機会も増えると思います。飲みすぎってしまった翌日にやってくる二日酔いはとても辛いですよね。実際、僕もこの二日酔いがとてもとても苦手なんですね。。

 

そこで今回は僕が大学生活で生み出した脱二日酔い実行法(効果には個人差があります)をみなさんに伝授したいと思います!

まずは相手(二日酔い)を知ることが一番大事なので、知っている人も多いと思いますが、二日酔いの原理を軽く、、、

体内でアルコールは、アルコール脱水素酵素によってアルデヒドへ分解された後、アルデヒド脱水素酵素によって酢酸へと分解され、最終的に二酸化炭素と水に分解されます(Scheme 1)。毒性の強いアルデヒドを分解できず、体内に多く残ってしまうと二日酔いになります。つまり、このアルデヒド脱水素酵素の働きを強めてあげれば原理的に二日酔いを防ぐことができることになります。

Scheme 1.

長い前置きはこの辺にして実際の脱二日酔い実行法を早速紹介します。

まずは巷で有名な実行法からです。

1つめは、ドーピングです。前述した通りアルデヒド脱水素酵素の働きを強めてあげるために、ウ○ンやへパ○ーゼを服用する方法です。これは代表的な方法であり、やられている人も多くいると思います(残念ながら僕はあんまり使っていません(笑))。

 

2つめは、締めにラーメンを食べる方法です。ラーメンを食べることで、ブドウ糖を多く摂取できるので肝臓の働きをUPさせ、二日酔い予防になります。ちなみに我らが研究室でも飲み会後は、ほぼ毎回ラーメンを食べに行ってます!

 

なんだよ、知った方法ばっかじゃないかという人も多いと思います。ここからが僕が生み出した脱二日酔い実行法です (効果には個人差があります)。

3つめは、飲み会後に500mLの水を飲み、その後飲むヨーグルトを飲む方法です。水を飲むことでアルコールによる脱水症状を防ぎ、アルコールを体外へ排出できます。またヨーグルトは胃の粘膜を優しく保護し、アルコールの吸収を抑えてくれます(これに関しては全く根拠のない僕の勝手な想像ですが、、笑)。これをした翌日は1回も二日酔いになったことがありません。みなさんぜひ一度試して見てください!

 

4つめは、飲んだ後すぐに寝ないことです。僕の経験として、飲んですぐ寝たときに二日酔いになったケースがとても多いです。なので飲んでから30分~1時間くらいあけて寝ることをお勧めします。

 

最後は、僕がこれまで何度か助けられていて、最も効果的だが滅多に使うことができない裏技です。それは飲み会後のデコポンです。デコポン(みかんでも可)を食べると、水分補給+糖を摂取できるため脱二日酔いには一石二鳥です。これをすると高確率で二日酔いを防くことができます。しかし、残念ながら飲み会後にデコポンがあることはそうそうないですが、、笑

 

以上が僕の脱二日酔い実行法です(効果には個人差があります)。皆さんもぜひ試して見てください!

それではみなさんが二日酔いに苦しむことが減ることを願っています。

The following two tabs change content below.
高田郁人
ダブった一年があって今がある

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Special

2016-09-26_23-46-45 2016-09-26_23-51-062016-10-01_23-46-23
dcypt

Links

ページ上部へ戻る