ブログ

入院生活

Today:9views / Total:2,909views Written by:

入院して1週間たった。つまり1週間無駄にしたわけだが、あまり動けなかったこともあって結構休めたのでよしとしよう。

折角貴重な体験をしたので、入院生活について書いてみることにする。

お腹は減るものだ

病気が病気なのでご飯が食べれない。3日間本当に水もご飯も食べない生活だった。どうやって生きているかというと、点滴をして、栄養だとか抗生剤だとか痛み止めだとかを注入している。いつも点滴を支える台との共同生活である。これは以外にめんどくさい。そして、点滴をしているからお腹が減らないものかと思いきや、正直言ってお腹は普通に減る。2日目の夜から食事は開始するといっていたのに、炎症が引かず、お蔵入りとなった。

あまりにも耐えれなかったので、3日目に本当になにも飲み食いできないのか?きいてみた。医師の答えは、「脂質のないものと、水とお茶ならばいいとのこと。」。胆嚢が脂質をとったときに激しく働くかららしい。というわけで、普段食べない、グミやアメ、茎わかめや、カリカリ梅がめちゃくちゃ役に立った。おとなしくしていたらなんにも食べれないところだった。

部屋は個室がよい

緊急入院だったので、はじめは個室を選択できなかった(痛みと疲れで選択する余裕がなかった)が、途中でようやく空きが出たので5日目からは個室ににうつった。それまでは6人部屋。ごはんもでてこないし、周りも別に気にならないのでいいやと思っていたが、個室の方がやっぱり圧倒的に楽だ。特に小さい子供がお見舞いに来るような状況だと、個室でないとほとんど話せない。あとは、精神的に↓な気持ちになる。夜中に叫ぶ人、しゃっくりが止まらずずっと奇音をだしているひと、唸り声を上げている人様々である。

個人的には、食事時間に他の患者がご飯を食べている音が一番いやでした(上述したように食べれなかったから)。

ただ、お風呂は安っぽいユニットバスのような感じなので、時間が制限されていても共同のお風呂のほうがよい。

Wifiが欲しい

この病院、結構しっかりしているのですが、唯一の難点がwifiがない。もちろん個室の話であるが、なんと有線LANしかないらしい。MacbookproにLANポートないし。というわけで、スマホのテザリングをつかうのだが、1週間で50GBぐらい使ってしまった。看護師さんも毎回個室患者に言われるらしく、退院のときに声を大にしていってやってください!といっていた。

動画配信サービスが活躍

はじめの数日は、痛み止めが切れると痛く、さらになにも飲食できなかったので、仕事がまったくできなかった。テレビもあまり興味ないし、団体部屋ではカードも購入しなければならない。そんなときに活躍したのが、HuluやU-nextなどの動画配信サービスである。一定期間は無料なので、おかげで数本の映画と進撃の巨人Season3を全部見た。体を動かせない感じもなんとなく飛行機に乗っている感じである。

いろんな検査初体験

入院前に、心電図とCTは測定したが、手術する前にいろいろと検査しないことが結構あった。よかったのが、MRI。2003年ノーベル生理医学賞の技術を体験できてよかった。NMRサンプルになった気分でした(苦笑)。その時造影剤の入った水を飲んだのだが、え?水飲んでいいの?というのが上述した、なにか口から入れれるものはないのかを医者に聞いた所以。あとは、エコーが妊婦体験のようで新鮮だった。

朝が早い

病院は9時に消灯なので、朝が早い。昨日は4:30に点滴を入れ替えに看護師が来て、5時に体温と血圧を測りに来た。はじめは寝まくっていたのでよかったが、後半はお昼寝ちょっとぐらいしかしていないので、3時ぐらいに寝て、4:30に来られるときつい。

担当医が的確

インフォームドコンセントの内容も非常にわかりやすかったし、あれだけしっかり話せるのはすばらしい。自分の体を任せるに値する担当医であった。ついでに、予防のためのMRIやCTなど意味があるか聞いてみた。答えは、意味がないらしい。例えば、今回の胆石も、痛いと言われたのでその部分を集中してみて見つけれるわけであって、予防診断レベルでは見つからないかもしれないとのこと。臓器を輪切りにしている1枚にしか映っておらず、確かにそう思った。がんの予防という意味でも、胃がんや腸がんならば、胃カメラ・大腸カメラが効果的。肝臓は血液検査の数値でよいらしいし、膵臓がんはそもそもみつからないとのこと。参考になる。

 

さて、明日午後に手術です。その後どのくらいで退院できるかわからないですが、再来週には復帰します。早くご飯が食べたい。よろしくお願い致します。→手術しました

The following two tabs change content below.

山口 潤一郎

教授早稲田大学
趣味はラーメン、マラソン、ダイビング、ウェブサイト運営など。化学の「面白さ」と「可能性」を伝えるために、今後の「可能性」のある学生達に,難解な話でも最後には笑って、「化学って面白いよね!」といえる研究者を目指している。.化学ポータルサイトChem-Station代表兼任。

最新記事 by 山口 潤一郎 (全て見る)

関連記事

コメント

    • 森永一郎
    • 2020年 8 16日

    こんばんは。
    痛みを紛らわす。。
    そんな気持ちで、打っています。
    胆石炎と診断されました。
    今 4回目の痛み中です。

    始まると、治るのを待つしかないですね。

    記述を読み、1秒でも早く治療へ進みたい!そんな気持ちです。痛い!

    ここからは、愚痴と中心の胆石炎と診断される間の話しです。
    私は、この記述する間痛みが軽減されています。
    打たせていただいたことに感謝!
    先にお礼を。
    では、

    よろしければお読みください。失礼します。

    今から、5週間前の話です。

    7月18日ごろ体調が悪く、体温を37から38度となり。
    夜 大阪 住友病院救急へ車で入り、コロナの検査 PCR
    その場では。検査した結果
    風邪と診断。連休明けにPCRの結果連絡待ちとなり、帰宅。
    そのまま4連休へ突入。
    その間4時間おきに、36から39度までを繰り返します。
    フラフラ状態の中、おしっこをする際
    激しい痛みを感じながら、これは風邪ではない!感じと。。
    25日にマンション隣にある泌尿器クリニックへ。
    部屋から1分で到着。
    検査!1週間後に結果と。
    待ってられない。状態。
    その日、高熱を繰り返しとおしっこの激しい痛み再度。
    夜中!関西電力病院救急へ。
    ここしか受けてくれず。検査の結果 前立腺炎!
    胆石もあります。胆石からの発熱の可能性も、、、
    などと診断
    とにかく
    緊急入院!
    個室へ!
    抗生剤の点滴生活はじまる。
    途中特別室37000円移動!
    広い部屋に台所、お風呂付き
    アイス、卵など入院生活を楽しむ?その間
    看護師となど話す機会増え!
    海外ドラマ グットドクターが進めながら!入院生活します。

    カーテンを開けぱなしにする看護師や。
    痛いぐらいに血圧測定する、看護師男
    特別室移動直後ナースコールのスピーカーに、ジェルか食べカスに気づきナースステーションへ
    外したナースコールを持って言ったら、なぜ外したんですか!
    理由を言っても背中越しに聞き去ってゆく看護師!
    昔風に言えば、婦長があやまりに来ても、管理業者注意させます!看護師の態度悪さの謝罪なし。
    入院生活の看護師、担当主治医なの愚痴の山となるばかり。

    最悪なのが、2回の右腹痛
    これが胆石炎だとは
    後で知ることになります。

    入院中は、抗生剤のせいで
    痛むのとのことで、、、、
    胃薬を処方。最悪です。

    前立腺炎も回復に向かい退院2日前

    主治医からも説明がないのかなぁーと思いながら。
    看護師に言うとすぐ知らせて来ます!と
    退院前日夕方
    すみません!オペで忙しくてと。。
    簡単な説明!明日退院です!
    ほとんどが医者、看護師含め30代前半 私の子供と同じぐらい。
    退院当日
    事務員に10 時までに出てください!と事務的な挨拶。
    時代を感じながら、ナースステーション前のエレベーターに立っていると
    看護師らが、ステーション内で何人かいる様子を見る中
    誰一人も声もかけてくれず、エレベーターないへ入る。
    あーため息

    ブルーレイDVDのグッドドクターシーズン1のプレゼントも!
    フェイラーのハンドタオル10まいも!この子たちに全て無駄だったんだと!
    無駄の後悔!

    二度と関西電力病院には来ないと思いながら。

    再度右腹痛で関西電力病院救急へ夜間飛び込む!

    電話口では、来ていただいても処置できない。と。
    唖然!
    なんのための救急かと!しぶしぶ来てくださいと。

    説明!
    ここで前立腺炎で入院した。
    その間
    2度同じ発作が起きた!痛みどめ薬もらった。
    その薬欲しい!

    痛いをこらえながら説明!

    カルテには記載あありますが。
    薬名と投与の日にちがわからないと出せません!

    痛みも忘れる対応!

    二人の子供のような医者がエコーをお腹にあて。
    結果!

    明日外来に予約とって受信してください。

    もう!黙って帰った。

    その日 食道内科へ受信

    急性胆石炎と診断!

    さらにその日予約した泌尿器科へ受信
    入院中の主治医へ。

    平然とする顔に、

    なぜ 胆石とわかっていて
    入院中の2回の発作が
    胃薬なのか!聞くわけないでしょ。
    いろいろ言う!が

    1 私は、カルテに胆石のことも書いておきました。

    2 私のいない時医師がカルテを見てくれていれば、、

    1と2送り返す。

    2度目の救急へ不満を言うと

    あの先生は、整形外科ですか

    対応できないですね。小声で言う。

    追記 2度目の救急の際

    ここは生き死にの方の対応です。ので。

    発作中の私に言いました。

    痛みが最大に消える言葉でした。

    関西電力病院と言うか総合病院の現状でしょうか。

    一連の話を

    道家列の健康診断をお願いしている中之島クリニックへ伝え
    大阪市立大学附属病院 肝胆膵内科、肝胆膵外科
    を提案いただき
    治療へ進める状態です。

    今 4回目の発作中!

    胆石炎と診断され、おかゆを食べていますが。

    この状態ですと水すら飲むのが怖い感じです。

    ながながと記述しました。

    打っている間は、痛みを忘れました。

    ありがとうございました。

  1. 2019年 6 15日
  2. 2019年 6 15日

ページ上部へ戻る