ブログ

台湾餃子房のメニューを全部食べてみた PartI

Today:2views / Total:1,250views

雨の日は必ずお世話になっている中華料理屋さん「台湾餃子房」(逆に言えば雨の日しかいかない)。

なぜなら、研究室から最も近いから。雨が続くと憂鬱になるが、晴れが続くと少し恋しくなる味。値段もほとんどが550円、山盛り・ご飯おかわり自由となれば、学生の味方。

そんな愛すべき、餃子房にはメニュー表に番号付きで30品目・店の中にあるホワイトボードにおよそ10品目・全部で約40品目もメニューがある。
今回、選択にこまっている早稲田理工キャンのみなさんのために、すべてのメニューをラボメンバー全員でもう一度1番から食べ直し、写真と食レポ付きで紹介することとした。研究には全く関係ないが、これも研究室の「日常」である。まずは第一弾として15品目。では、どうぞ!

 

1,野菜炒め

2016-09-19_19-59-47

塩辛い。もやしが多くて、シャキシャキしていて美味しい。結構、香ばしい。普通の”野菜炒め”に感想を求められても正直困る。野菜から出た「しる」をご飯にかけるとご飯進むのでおすすめです。

2. ニラレバ

2016-09-19_20-07-45

個人的な感想だが、ニラレバ界では美味しい方。もやし、しる多め。レバーはとても軟らかく、のパサパサ感はない。でも、ニラレバが主菜はちょっとさみしい。ニラレバ好きにはおすすめ。

3. 黒豆麻婆豆腐

2016-09-19_20-13-38

いっておくが豆はいない。見た目は美味しそうな麻婆豆腐。が、思っている麻婆豆腐とは断じて異なる。アジのないとろみが特徴。ノドが辛い。熱い。最終的に味はない、辛い。クックドゥが一番美味しい(味音痴の個人の感想です)。

4. 肉団子の土鍋

2016-09-19_20-18-17

何の肉かよくわからない肉団子が5,6個はいっている。あとは春雨メイン。人参はほぼ生。スープだけ飲むと悪くはないが、どう考えてもご飯が進まない。そもそもコメが特に美味しいわけでなく沢山食べれるだけなので、味が濃いほうがここはお勧めな気がする。寒い日は悪くないかも。多分、美味しい餃子房のメニューの中では最弱位に位置するレア物だ。

5.ジャガイモ豚肉炒め

2016-09-20_20-23-12

よく食べる一品。芋はシャキシャキしている。ジャガイモのホクホク感を期待してもムダ。前調理されたメニューの影響を強く受け、運がいいと鶏肉やピーナッツも楽しめる。アレルギーの方は要注意。辛い!(前のメニュー次第)。

 

6.キクラゲ豚肉と卵炒め

2016-09-19_19-52-24

約一分で完成。いままでで圧倒的にはやい。中華ならではの料理人の腕の高さを感じる。見た目の美味しさだけでなく、味は濃厚で美味しい。卵がフワフワ。強いて言えば野菜はやや硬いところがマイナス点か。

7. 回鍋肉

2016-09-20_20-25-45

アジは濃すぎず薄すぎず美味。キャベツはシャキシャキしていて、人参は生。最後の方は若干油っこさを感じてしまう。豚肉はとってもおいしい。中国の回鍋肉と比べてあっさりしており日本人向け。おすすめですねコレは。

 

8. 唐揚げ

2016-09-20_20-29-01

大きめの唐揚げ7個にサラダがついている。唐揚げは普通においしいが、衣が少しかたく感じるところが難点か。サラダにかかっているドレッシングなんか甘辛い。満足できたけど餃子房にしてはコスパが悪い(580円)。

 

9. 鶏肉とピーナッツ辛炒め

2016-09-20_20-09-23

辛いシリーズの一品。下の辛子炒めと違うところは、唐辛子がそのままはいっていないところだ。その代わり料理自体が辛くニンニクたっぷりのこってりした内容になっている。一見してピーナッツは全くはいっていないが、大量の鶏肉にかくれている。辛く味濃いめ好きにはおすすめ!

10. 鶏肉辛子炒め

2016-09-20_20-06-07

ご飯がすすむ味と辛さ。ニンニクとニンニクの芽でパンチがある味。餃子房に来たら必ず食べて欲しいメニューといっても過言ではない。唐辛子は味がなく、とても辛いので注意!

11.油淋鶏

2016-09-22_20-49-01

山盛りのキャベツの上に大量の油淋鶏がのっている。この店一番のボリュームメニュー。みためのインパクトだけでなく、甘酸っぱい味が食欲をそそる。衣がカリカリで美味しいが、肉は薄め。大満足です。

12.生姜焼き

2016-09-22_20-36-34

中華料理屋でまさかの生姜焼き!?味付けは中華風ではなく慣れ親しんだかんじ。具材は豚肉と大量のタマネギだけだが、ごはんがとても進む。中華料理に飽きたら食べたい一品だ。

13. エビ玉子炒め

2016-09-22_20-29-56

フワフワ卵に申し訳程度のエビが混入している。なんともシンプルな味付けで、メインは塩と胡椒のみ。と否定的に聞こえるがこのシンプルさがたまらない。ラー油をかければ、さらに美味しさアップ。安心して食べれる味です。ちなみに机には置いていないラー油は、お願いすれば上の方からでてくる。

14.チンじゃロースー

2016-09-22_20-46-20

チンジャオロースでない。チンじゃロース。味は甘口、ピーマンはシャキシャキしていて美味しい。お肉が若干少なめな感じ。スーパーのクックドゥの青椒肉絲に比べると味が薄く、あっさり。ラー油を書けると美味しくなる。

15. エビチリ

2016-09-22_20-22-58

衣がついているエビチリを初めて食べた(個人差が有ります)。エビは大きく、子供の握りこぶしぐらいの大きさ。酸っぱい味で好みが分かれそう。下に敷いてあるキャベツはあまり美味しくない。メインのエビは普通。

全メニュー表はこちら

2016-10-25_21-53-49

Part 2に続く!

 

紹介のおみせはこちら

台湾餃子房 高田馬場店

関連ランキング:台湾料理 | 高田馬場駅西早稲田駅新大久保駅

 

The following two tabs change content below.
山口 潤一郎

山口 潤一郎

准教授早稲田大学
趣味はラーメン、マラソン、ダイビング、ウェブサイト運営など。化学の「面白さ」と「可能性」を伝えるために、今後の「可能性」のある学生達に,難解な話でも最後には笑って、「化学って面白いよね!」といえる研究者を目指している。.化学ポータルサイトChem-Station代表兼任。
山口 潤一郎

最新記事 by 山口 潤一郎 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る