ブログ

この化合物についてのブログです→

Today:1views / Total:701views Written by:

お久しぶりです。人生二度目の年男の福原です。この冒頭を考えている最中に0歳児も年男・年女に含まれるのだろうかというくだらない疑問が思い浮かびましたが、気にせず文章を書き進めています。もし気になったら調べてみてください。

みなさんはコーヒーやエンジードリンクを飲みますか?
日常的に愛飲されている方もいれば、必要な時だけ飲む方もいるかと思います。
今回は私の身に起きたカフェインにまつわる話について書こうと思います。

私はある時期からほぼ毎日エナジードリンクを飲んでいたのでカフェインを140 mg/d 程度摂取していました。モ○スター、レッ○ブル、Z○NEなどです。(コーヒーに換算すると約2杯分でしょうか)
習慣になっていることに危機感を持ちつつも一日一本程度なら問題ないだろうと高を括っていました。とある日、固く決心したわけではなく何となくですが、エナジードリンク飲まないようにしようと思い立ちました。その日は何事もなくただ少し眠いなぁという状態で過ぎました。しかし、翌日の午後になると途端に体調に変化が訪れました。ひどい頭痛、倦怠感、眠気、吐き気がいっぺんに襲ってきたのです。熱は一切出ないものの、体調が悪すぎてその日は研究室を早退しました。家に帰ってからも何度か嘔吐し、生きるのが軽く嫌になるほどでした。幸いにも次の日しっかり休んだらかなり楽になりました。

最初に具合が悪くなった時は原因がカフェインにあるとはつゆ知らず原因不明の病だと思って震えていました。原因を調べているうちにカフェインの脱離症状に辿りつきました。とあるサイト[1]にはこのように書いてありました。

症状は人によって異なりますが、頭痛や著しい疲労感、眠気、不快気分、抑うつ気分、怒りっぽさ、集中困難などが挙げられます。風邪をひいた時のように、吐き気や節々の痛みを感じる人もいます。離脱症状は、カフェインを最後に使用してから12~24時間後に始まり、1~2日後にピークを迎えます。

これに違いない!と確信しました。原因がわかって気分は楽になった一方で、中毒(脱離)症状に恐ろしさを覚えました。また、そのサイトによると症状が長期化する方も多いらしく、2,3日で症状がひいたのは不幸中の幸でした。現在はカフェインを極力取らないようにしたいと思いつつも、どうしても眠い時は結局エナジードリンク摂取しています。いつか、完全にカフェインを摂らない生活に移行したいと考えています。

もし今述べたような症状を避けてカフェインを断ちたい場合は、摂取量を徐々に減らしていく方法が多くのサイトでオススメされていましたので実践してみてください。

カフェインには副次的なメリットもある

ここまでカフェインのネガキャンになっていたので最後にメリットを述べようと思います。というのも、カフェインは代謝をあげる効果があるためダイエッターやボディビルダー界隈で注目されています。彼らの中には厳しい食事制限をしている方も少なくないため、特にコーヒーでカフェインをとると単調な食事に彩りを与えることができることができるうえ、代謝も上がって一石二鳥らしいです。

参考にしたサイト:[1] https://www.e-heartclinic.com/kokoro-info/special/mental_7.html

ここまで見ていただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
・:*+.\(( °ω° ))/.:+

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る