ブログ

作業効率が上がる!?魔法のbpm116

Today:2views / Total:506views Written by:

お久しぶりです!M1の坂井です。最近は健康ブームが到来しており、納豆やヨーグルトを食べて毎日ストレッチをするOLさん風生活を楽しんでいます。

ところでみなさんは作業する時はどんな音楽を聴いていますか?私は作業用のプレイリストを作っていて、作業の時聴きたいと思った曲をその都度追加しています。ある時、自分が追加している曲が普段通学の時に聴いている曲よりもゆったりめであることに気がつきました。ゆったりめな曲の方が集中しやすいのはなぜだろうと思い調べてみたので紹介します。

集中力を高めるbpm

音楽は心拍数に影響を与えるため、ゆったりめの曲を聴くと心拍数が落ち着いて集中しやすくなるそうです。中でもbpm116(1分間に116回のテンポ)の音楽は脳波にも良い影響を与えるらしく、よりリラックスして集中できるようです。bpm116の曲の効果は広く知られているようで、bpm116の曲だけを集めた勉強用アルバムも販売されていました。

bpm116のおすすめソング

私がよく聴くアーティストの曲にもbpm116のものがいくつかあったので紹介します。

1. フローライト (米津玄師)

 

国民的アーティストである米津さんの3作目のアルバムに収録されている曲です。サビのメロディーラインが印象的でつい口ずさんでしまいます。

2. 夏の誘惑 (Tempalay)

 

最近の最推しバンドです!浮遊感のある唯一無二の曲が魅力的であり、一度聞いたら忘れないメロディーは中毒性大です。夏の曲なので夏が終わる前に聴きたい一曲です。

3. FICTION (ポルカドットスティングレイ)

 

アップテンポでバチバチな曲が多めなイメージのバンドですが、この曲は比較的ローテンポでかっこよいです。ボーカルの雫さんのルックスが最強なのでMVもみていただきたいです。

 

みなさんも作業用プレイリストにbpm116の曲を入れて作業に全集中してください。最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

参考文献

・”「テンポ116」で効率3倍! 意外な音活用法”, https://president.jp/articles/-/15614?page=2

・”音楽のテンポと心拍の同期現象とリラクセーションへの影響”, https://core.ac.uk/download/pdf/59119111.pdf

・”世界は一日にして成らず〜BPM(テンポ)計測まとめ〜”, http://ongakumichi523.jp

・”BPMデータベース”, https://bpm-database.tokyo

 

 

The following two tabs change content below.
うさまるとロックを愛する女の子。アルフォートは1日1箱まで!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る