ブログ

バブル、一色さん論文出しました!

Today:1views / Total:920views Written by:

皆さんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

東京も自粛要請が緩和され、今週から山口研究室もM2のみですが実験出来るようになりました!在宅研究だとずっと座ってデスクワークをしているので、肩、腰等々が痛くて大変ですが、実験はそのようなことがないし、なんといっても楽しいですね!実験を出来るありがたさに気付かされた自粛期間になりました。(まだまだ元通りではないので、大学にいられる時間制限はありますし、飲み会・学会は全くないので寂しいですが、、、ハワイ行きたかったです泣)

 

ようやく学振を提出できた(潤さん本当にありがとうございますm(__)m)ので、だいぶ遅くなってしまったのですが、ついにわたしの初論文が出ましたのでご報告させていただきます!

今までにない形式の芳香族求核剤導入反応となっております。詳細はぜひ論文を見てくださると嬉しいです。

Kurosawa, M. B.; Isshiki, R.; Muto, K.; Yamaguchi, J.
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142,7386–7392. (10.1021/jacs.0c02839)

(皆様お気づきかもしれませんが、ミドルネームにBが入っております笑)

 

投稿までに時間がかかってしまい、やっとの思いでsubmit出来たのが3月頭。戻ってきたのが研究室閉鎖するかしないかの瀬戸際でした。JACSに通りそうなので何とか閉鎖前に出したいと思い、必死で実験し、何とか閉鎖日当日に実験を終えることが出来ました。数週間ほぼ徹夜続きだったので、人間の底力というものを実感でき、振り返ってみれば良い経験になったなと思います。

 

そしてなんといっても、無事acceptされたのは共同研究者である一色さん、慶さん、潤さんが手厚いサポートをして下さったおかげです。また、学会に参加する度に沢山ディスカッションして下さった先生方、特に昨年夏開催された有機反応若手の会に参加した際、ご教示頂いた寺田先生に厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

 

今回の論文は初めてということもあり、実験だけでなく論文投稿のための準備等、多くのことを学ぶことが出来ました。今後共同論文を出すときは誰かのサポートを出来るようになりたいと思います。今やりたい実験が沢山あるので、ばんばん実験して、新たな論文を出せるように頑張ります!

The following two tabs change content below.
黒澤美樹
M1。バブル。みきHOUSE。赤ワイン。顔ににんにくがついてる?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る