ブログ

Anna Junker博士講演会

Today:4views / Total:286views Written by:

先日Anna Junker博士の講演会を主宰しました。Annaは名古屋時代にミュンスター大学から半年間+2ヶ月、2回に分けて留学生として在籍していました。一緒に研究をしていたので、短期間ながら教え子というわけです。なかなかドイツ人研究者が交換留学生として来ることはなかったのですが、当時のIRTGというプログラムのおかげで、前職の伊丹研究室では15人以上のドイツ人留学生を受け入れていました。

ちなみに2012年に僕がドイツにサバティカルにいっているときは、家や送り迎えなど大変お世話になりました。

そんな彼女も、まだ教授職ではないものの、かなり高額の研究費をとって、5月から独立して研究室を運営しています。教え子が活躍しているのをみるのはうれしいものですね。今回は金沢大学の先生と共同研究のため来日しているということで、せっかくなんで本学で講演してもらいました。

内容はメディシナルケミストリー。まだまだはじめたばかりということで、結果も今後に期待という感じでしたが、しっかりやっているようで一安心。

講演終了後は、一緒につれてきた大学院生アンディと、武藤講師とともに、伊勢丹会館で日本料理を食べにいきました。その後、昔の日本色の強いゴールデン街で2件はしごした後に別れました。頻繁に日本に来るようなので、またしばらくしたら講演してもらいたいと思います。

The following two tabs change content below.
山口 潤一郎

山口 潤一郎

教授早稲田大学
趣味はラーメン、マラソン、ダイビング、ウェブサイト運営など。化学の「面白さ」と「可能性」を伝えるために、今後の「可能性」のある学生達に,難解な話でも最後には笑って、「化学って面白いよね!」といえる研究者を目指している。.化学ポータルサイトChem-Station代表兼任。
山口 潤一郎

最新記事 by 山口 潤一郎 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る