ブログ

心もお腹も満たされる!? 〜甘いもののすゝめ〜

Today:2views / Total:237views Written by:

突然ですが皆さんって喫茶店とか行きますか?コーヒーが好きで行く人もいれば、待ち合わせで使う人もいますよね。(コーヒーといえば、最近当研究室では新しいコーヒーサーバーが導入されました(^^)……デスクワークのお供に強力な仲間が増えた気がしてとっても頼もしいです)

そんな喫茶店ですが、実は僕はあんまり行きません。高いですし、そんなに敢えて行くほどじゃないかなーと思ってしまうからです。ですが、そんな僕でも忘れられないお店がいくつかあります。どれも本当に偶然入店したお店だったのですが、とっても素敵で不思議な(?)体験をしたので紹介したいと思います。

BARBARA COFFEE ROASTERS

1軒目のお店は「BARBARA COFFEE ROASTERS」さんです。このお店は愛知県の常滑市にあります。夏に美術展巡りをしていたのですが、その時にたまたまお店の前を通りました。

なんかありそう!

見て下さい、この「何かありそう感」。今話題のすずめの戸締まりのポスターみたいじゃないですか。気になり過ぎる……!ということで少し怖かったですがいざ入店。

勇ましいがつぶらな瞳をしている

ホッキョクグマだー!入店する場所を間違えたかと思いました。入店するや否やいきなりホッキョクグマの剥製がお出迎え。ドギマギしながらも、店員さんに(お一人でやられていました)促されて席へ。席についてからも落ち着かずにキョロキョロと店内を見渡すと天井にはドライフラワー、壁には鹿やステンドグラス。僕は一体どこに迷い込んでしまったんだ……?
こんなにお洒落で不可思議な空間なのにお客さんは僕達だけで、かえって幻想的な雰囲気すら感じます。メニューを見ると、クリームソーダがあったので注文。ボリューム満点でとっても美味しかったです。

最後は壁際にいた凛々しい鹿に別れを告げて退店しました。
退店後もフワフワとした不思議な感覚のままでした……。後になって調べたのですが、インスタもやられているみたいです。気になった方は是非チェックしてみてください!とってもオススメです!

ゆりあぺむぺる

2軒目は「ゆりあぺむぺる」さん。噛まないで言えましたか?僕はお店の名前を後になってから知りました笑こんなに言いにくいお名前なんですね笑
家から近いので吉祥寺にはよく行くのですが、駅の近くにこんなに素敵なお店があったとは。入口の雰囲気が良かったのと、丁度人との待ち合わせの時間まで少しあったので入店。
店内の雰囲気は入口をそのまま引き継いだようにレトロでお洒落でどこかかわいい雰囲気。
メニューをパタパタ開くとクリームソーダが!!

BARBARA COFFEE ROASTERSさんでも注文しましたが、僕はルノアールに行くと毎回メロンソーダを頼む位にはクリームソーダが好きなのです。しかもこんなに原色みたいなかわいい色合いをしていたら注文したくなっちゃいますよね。ということで、クリームソーダとプリンを注文。

メニューの写真とおんなじ色!!

着丼。この写真ですね、非常に分かりづらいです。実際にお店に行って貰いたいです。

めちゃくちゃデカいです。

デカ過ぎ。怖い。こんなにかわいいのに。プリンとか頼んでる場合じゃない。食べても食べても減らない(味はしっかり美味しい)。少し前に書いたように、この時は人と待ち合わせしていたので後半は急いで食べました(お洒落とは……苦笑)。
食べ終わる頃にはガクガクと震え、お腹も心も映えも満たされていました。ということで、この店は僕にとって忘れられないお店となりました笑
吉祥寺で駅近なので、行きやすいと思います、気になったらお腹を空かせて行ってみて下さい!店内の雰囲気に酔いしれましょう!

FUKUNAGA901

3軒目のお店は「FUKUNAGA901」さん。残念ながらこのお店にホッキョクグマの剥製は無いし、デカ過ぎるクリームソーダもありません。京都駅の中にある落ち着いたカフェです。ですが、このお店のフルーツポンチ(商品名はてぃーぽんち)はめちゃくちゃ美味しかったです。旅の途中に思いがけず食べたのですが、本当に美味しかったので今でも覚えています。思い出補正かもしれません笑

新幹線を待っている間に京都駅内をフラフラしていた所見つけて入店。てぃーぽんちとフルーツサイダーを注文。
すると運ばれてきたのがこれです。

かわいい!!

かわいい……!な、なんて夢かわいいのだ……!食べるのが勿体無さすぎる……!てぃーぽんちなんてイラスト付いてきてるし!!フルーツサイダーもなんか自分で注ぐ形式のやつだし……!

実は上の2軒(BARBARA COFFEE ROASTERSさんとゆりあぺむぺるさん)は人と行っていたので、その人と感情の昂りを共感できたのですが、この店はボッチ入店。誰とも言葉を交わすことができない。写真をパシャパシャする孤独でミーハーな大学院生の僕を隣のマダムがチラチラ見ていました。マダムも同じてぃーぽんち(with紅茶?)を注文していたので共感を求めたかったのですが、そんな事をしたらより気不味くなりそうだったのでやめました。

松重豊さん主演の孤独のグルメのBGMを脳内で流しながら、黙々と食べ、店を後にしました。
帰りの新幹線の中で、旅の思い出を回想していましたが、2泊3日だったのにほぼてぃーぽんちと僕を冷たい目で見ていたマダムの顔しか思い出せませんでした。

まとめ

さて、以上になりますが、どうでしょうか。行きたくなったでしょう、喫茶店。僕もまた素敵なお店と遭遇できたらいいなぁと思いながら、どこかのお店に入ってみたいと思います。それでは!

The following two tabs change content below.
山口研史上、二人目の田中だよっ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る