ブログ

小松田、論文出しました

Today:15views / Total:345views Written by:

先日、筆頭著者として二報目の論文を出すことができました!!

Pd-Catalyzed Dearomative Three-Component Reaction of Bromoarenes with Diazo Compounds and Allylborates
Komatsuda, M.; Kato, H.; Muto, K.; Yamaguchi, J.
ACS Catal. 2019, ASAP.
DOI: 10.1021/acscatal.9b03461

本反応では、単純なベンゼン類を含む種々の芳香族ハロゲン化物とジアゾ化合物およびアリルホウ素化合物の脱芳香族的三成分連結反応に成功しました。
昨年末から始め、最初は反応の最適化と生成物の単離に苦しめられました。それでも、配位子によって反応の選択性を制御できた時や本反応に劇的な効果をもたらしたフッ化カリウムを添加した際に、一気に収率が向上しNMRを見た瞬間に来た!と嬉しく思ったのを覚えています。生成物の単離にも苦労しましたが、これを通して化合物精製のテクニックは上がったかなと勝手に思っています。前回のベンジルホスファートよりもかなりパワーアップした内容になったので良かったです!

こちらにも概要が載っているので是非見てください。そして是非、いちにちいちダウンロードして読んでください。

最後にいつもお世話になっている潤さん、慶さんにこの場を借りて御礼申し上げます。また、本研究ではM1(当時B4)の加藤くんが頑張ってくれました。僕が言うあーでもないこーでもないに耐えながらついてきてくれるばかりか大分助けられました。さすが期待の星。一緒に研究が進められたことにとても感謝しています。まだ、二年近くあるのでどんどん面白い分子や反応を見つけられるように頑張っていきます。

The following two tabs change content below.
小松田雅晃

小松田雅晃

D1。驚異のリサーチ力を誇るラボGメン。
小松田雅晃

最新記事 by 小松田雅晃 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る