ブログ

4th International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffoldingに参加してきました!

Today:0views / Total:619views Written by:

こんにちは、バブルです!

先日、4th International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffoldingに参加してきました。初めての国際学会だったので行く前からどきどきでしたが、場所は奈良県の東大寺総合文化センターにて行われたため国内ということもあり少し安心できました。

一日目

今回は潤さんの講演もあったので一緒に奈良に向かいました。個人的には今年3回目の関西学会だったのでスムーズに向かうことが出来ました。お昼ごはんは近鉄奈良駅で有名なカレー屋さんに行こう!としたら、偶然千葉大の橋本先生にお会いしたので一緒に食べました。辛いものは得意な方なのですが、ここのカレーはとてもスパイシーで今後学会前に辛いものは控えようと思いました。。。

中学二年生ぶりの奈良はとても懐かしく、修学旅行中の中学生を見て大人になったなあとしみじみ思いました。奈良出身の橋本先生のおかげで東大寺などをチラ見して、あっという間に会場に辿り着くことが出来ました。

 

着いたらすぐ先生方の講演が始まり、慣れない英語講演を頑張って聞きました。一日目の夜は懇親会に参加しました。値段が高く、近場の学生はポスター発表当日しか参加しないということで、学生は私を含め二人しかいませんでしたが、沢山の先生方とお話することができ、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。二次会は橋本先生と熊谷先生とご一緒することができ、特に熊谷先生は同じ茨城出身ということで地元トークで盛り上がりました。写真を一緒に撮って下さった先生方、ありがとうございました。

二日目

二日目は潤さんの講演と私のポスター発表がありました。潤さんの講演はいつか私もあんな風にかっこよく講演できるようになりたいなと思いました。そして、私自身初めての英語でのポスター発表。想像以上に海外の先生方も聞きに来てくださり、英語も化学ももっと勉強して身に付けないといけないなと感じさせられました。

二日目の夜はSpeaker’s dinnerがあり、潤さんが参加するのを事前に知っていたので私も参加したいなと思っていました。ダメ元で一日目の夜に真島先生にお願いしたところ、“秘書さんに言ってみて”と言われたので秘書さんに確認したら、快くOKして下さりました。とても図々しいお願いなのに受け入れて下さった、心優しい真島先生、秘書さんに感謝の気持ちでいっぱいです。実際に参加させて頂くと、Armido先生と依光先生が優しい英語で話しかけてくださったので理解しやすく、私の拙い英語でも少しは会話することが出来ました。もちろんご飯もとても美味く、本当に貴重な体験をさせて頂きました。

この日の二次会は橋本先生と中尾先生とご一緒でき、先生方の事情を沢山勉強させて頂きました。

 

三日目

三日目は講演を聴いた後、橋本さんと千葉大D2の安江さんと一緒に明石焼きを食べに行きました。明石焼きもお好み焼きもとても美味しかったのです。唯一今回の学会で残念だったのは、折角奈良に来たのに奈良名物を食べられなかったことです。(奈良名物は奈良漬け以外にあるのでしょうか?)

帰路に着くため京都駅に向かったのですが、京都観光をすることもなく帰りの新幹線で551の肉まんを食べて東京に戻りました。(食べてばっかりですね苦笑)

 

今回初めての国際学会に参加させて頂いて、改めて自分の未熟さを痛感しました。今後海外の国際学会に参加したときに楽しめるよう、今から英語も化学も日々勉強しようと思います。

最後になりますが、今回主催者である真島先生と運営して下さった研究室の方々に感謝申し上げます。真島先生が沢山助言して下さった言葉を胸に刻み、日々精進して参ります。本当にありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.
黒澤美樹
M1。バブル。みきHOUSE。赤ワイン。顔ににんにくがついてる?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る