ブログ

第33回農薬デザイン研究会で講演しました

Today:1views / Total:380views Written by:

第三弾は静岡!有機合成シンポジウム主宰の次の日からでちょっとしんどかったですが、第33回農薬デザイン研究会で講演してきました。

農薬デザイン研究会は日本農薬学会が主催する合成化学を中心にした部会。毎年行われており、3年に1回泊まり込みで講演会とポスター発表を行うそうです。

今回はクミアイ化学が世話人となり静岡県焼津市のホテルアンビア松風閣で行われました。プログラムはこちら。講演者をみてみると、静岡県立大の菅先生がいたので、焼津駅で一緒にお昼を食べてから参加しました。

講演会はパソコントラブルで5分ぐらいオーバーしてしまいましたが、無事終了。懇親会です。立派なホテルだけに懇親会も豪華でした。学生も参加していることをしらなかったので学生を連れてくればよかったと後悔。静岡の名酒「磯自慢」もたしなみました。

その後の懇親会も夜遅くまで続いて、楽しみました。研究会は2日間行われましたが、次の用務にいかねばならなかったので、途中退出。写真は、参加者の名古屋時代の教え子である近藤くんと。バリバリ働いて、立派な合成化学者になってほしいものです。

この度お声をかけていただいたクミアイ化学の皆様と農薬研究会の世話人一同に、この場を借りて御礼申し上げます。

The following two tabs change content below.
山口 潤一郎

山口 潤一郎

教授早稲田大学
趣味はラーメン、マラソン、ダイビング、ウェブサイト運営など。化学の「面白さ」と「可能性」を伝えるために、今後の「可能性」のある学生達に,難解な話でも最後には笑って、「化学って面白いよね!」といえる研究者を目指している。.化学ポータルサイトChem-Station代表兼任。
山口 潤一郎

最新記事 by 山口 潤一郎 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る