ブログ

2019年度卒業研究発表会が行われました😷😷😷

Today:0views / Total:614views Written by:

山口研究室の会田和広です。このような題目で発表します(卒論発表風)。

みなさん、お久しぶりです。B4の会田です。今回のテーマは四年生が主役の卒論発表です!!!
とは言ってもこのご時世に卒論発表なんてやって大丈夫か、活動自粛しろって声が聞こえてきそうですね、、
でも大丈夫!しっかりと全員がマスクを着用し、距離間隔をあけて行いました!
(すみません、写真の時だけはマスク外させてください。。)

このご時世にも関わらず、B4の集大成である卒論発表をやらせてくださった潤さん、慶さん、英介さん、そしてお越しいただいた細川先生には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

それでは、厳かなムードで行われた卒論発表について話していきましょう。
まず、私は名前が「あいだ」ということでトップバッターでした。
自分は緊張には強いタイプだと思っていたのですが、練習での失敗などもあったために、思った以上に緊張し、ものすごい早口になってしまいました。。。しかも、質疑応答も微妙な回答になってしまい。。。次回はもっと良い回答をできるように日々化学をたくさん学ぼうと思いました。
その後も、卒論発表は厳かなムードで進行し、そのまま終了を迎えると思ったその時に!
我らがご飯隊長、武者さんが質疑応答の時にやってくれました。
これを言ったら怒られるかもしれませんが、言いたい欲が止まらないので話します笑

発表も素晴らしく、質疑応答も難なくこなしていた武者さん、最後にM1の柳本さんの質問に答えて終わりかと思いました。しかし、彼女の質問に対し、さも当然かのように全く関係のなさそうな補助スライドを提示して、全く関係のない答えを答え始めてしまったのです。。笑
スライドが出た時点で何の関係があるのだろうと感じていたのですが、やはり全くの無関係でした笑
皆さん、真剣に発表を聞いていたのが、一転して笑いの場になりました。空気を変えられるって本当にすごい才能です笑

 

ということで、卒論発表も無事?に終わり、最後の表彰式に移りました。

そこで、私はなんと!

見事「最優秀卒業研究賞」をいただきました!!

そして、近藤くんが優秀卒業研究賞、この日一番の笑いを生んだ武者さんが細川先生特別賞を受賞しました。ちなみに名誉のために言いますが、一応武者さんは近藤と同率で優秀卒業研究賞でした。ベストディスカッション賞はB3の久保君が受賞しました。多くの質問をしていて積極性が光りました。
同期の皆さんの発表はどれも素晴らしいものだったと思います。この調子で、これからも同期で助け合って、切磋琢磨していきましょう。ここまでやってこれたのは、間違いなく同期のおかげなので本当にこの代でよかったです、これからも頑張っていきましょう。

潤さん、慶さん、英介さん、卒論やスライド、そして原稿の添削など、本当にありがとうございました。来年度から自分たちも後輩の面倒をしっかりと見て、修論の時に成長した姿を見せることができるように頑張ります。そして、先輩の皆様も今年一年間、何もできなかった自分たちの面倒をみてくださり、ありがとうございました。来年からは自分たちも先輩として、今年していただいたことを後輩に引き継げるように頑張ります。B3のみんなは、なんでも相談に乗るので、これから大変になるだろうけど頑張りましょう。

とまあ、本来であれば、このまま飲み会!と行きたいところですが、時期が時期ということで、卒論お疲れ飲みは、開催されませんでした。。。本当に残念です。

ということで、これで終了なわけですが、今年の卒論発表のMVPは確実に武者さんだと思います笑 来年はどのような武者さんを見れるのか、そして来年のB4からはどのような伝説が生まれるのか、今から楽しみです。

以上で発表を終わります。

The following two tabs change content below.
会田和広

会田和広

M1
山口研の青色LEDになりたい。。。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る